使い魔(コウモリ)

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

フリー

経歴

県美、入選。

田舎の芸術大学、美術学部・美術学科・油画専攻、卒業。

学士取得。

第9回月のアート展、選出。

第24回全日本アートサロン絵画大賞展、入選。

ACTアート大賞展、選出。

作品の注目ポイント

主(あるじ)はいつも私に命じる同じ場所に何回も行く時もあれば 別の場所の時も 人間の住み家の中へ忍び込むときも することはいつも同じ 主の作った緑色の粉を空から撒く 夜に紛れて誰にも見つからないように 時には寝ている人間に サラサラと月明りの中 キレイに光る美しい粉 緑色の粉が何なのか 次の日どうなるのか 知る必要はない 興味もない 美しく光漂っていく光景を作るだけ 稀に人間は夜空を見上げるけど それに見蕩れて 定着スプレーかけてあります。緑色の部分はラメを使用しています。 作品へのコンセプトメッセージが長いため、切っています。続きが気になる方はブログにて全文をご覧頂けますと幸いです。「使い魔(コウモリ)」のコンセプトメッセージ全文

アーティストになった理由

子供の頃から自分の体よりも大きなガラスのキャンバスに、絵を描いていました。 描く事が日常で描かない日は落ち着きません。

メッセージ

いろいろなジャンルの作品をいろいろな画材で思いつくままに描いています。これ良いなと、どこかで惹かれて頂ければ嬉しいです。 よろしくお願いします。