夢映樹(Tree that projects doeams)

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

フリー

経歴

作品の注目ポイント

この物語は10年以上前に書きました。そして絵は最近描きました。

【夢映樹(Tree that projects dreams)】

満天の星。
2つの月は西の地平線に傾き、
丘を登りながら、大好きな星の輝きを見上げる。
私は、時おり訪れる、丘の上に立つ樹に近づいた。
私はこの丘が好きだ。星々が見渡せるこの丘が。
風で微かに揺れる樹の葉の音を聴くのも好きだ。

街の外れにある樹。
樹というには少し変わっている。
遠目には普通の樹であるが、近づくとその違いに気が付く。
まずてっぺんからずれたところにあるベージュ色のものが目に入る。
それから石膏か発砲スチロールで出来たものの様に緑色のものが覆いかぶさっている。
間近で見ると それは細かい葉が密集しすぎている為そう見えることが解る。
そして幹は葉に隠れて見えない。

樹は人の未来を見せるという。
でもその未来はきまぐれ。
いつの未来を見せるか判らない・・・。
思い出を見せるときもある。
人によって何を見るか判らない。

「中は暗いんだよ最初は。
それからねー、大きな目が出てきて
私はね海を見たの、大きな海原だった。
あれが海というものなのね、きっと。」

昔会った女はいつか海に行くことを夢見ている。

「中に人がいるんだぜ。
話しかけても何も答えないけどな。
頭上に片目が開いて・・・
俺は串刺しの女を見たぜ、半身しか無いんだ。」

旅の途中でこの街に寄ったという男が無映樹に入ってみたという。

「私はね、おじいちゃんが話しかけてきたの。
小さいときの思い出しかないのにね。
”おまえが思った様にやりなさい”って。
昔もそんなこと言われてたのかな。
でも今はそれが心に残っちゃって・・・。」

幼なじみは本当に話しかけられているみたいだったと嬉しそうに話した。

今、いつかは入ろうと思っていた樹の前にいる。
明日この街を離れる前に、入ろうと決めた。
樹の3m程前に立つ。
葉は地面すれすれまで覆っている。
と、立ったすぐ前の葉に穴が開き始めた。
ここから入るのか。
中は真っ暗だ。
しばらくすると頭上から光が射した。次第に明るさが増してくる。
目だ。大きな目。
片目だ。瞳は緑だ。
ふと水平に目を戻す。
そこには幹があった。
幹に人が埋まっている。寝ているのか身動きひとつしない。
透き通る様な白い肌が薄っすらと光っている様に見える。
何か微かに唸るような音がしてきた。
周りを見回すと、緑色のグラデーション模様になっている葉の裏側が突然真っ暗になった。
目が慣れてくると、それは真っ暗ではなかった。
小さな光が無数にある。
星空だ。
でもそれは、見慣れた星空ではない。
星の光が強く眩しいくらいなのだ。
数も多すぎる。
下の方に目を移すと、そこには青い圧倒的な光があった。
どこかの惑星の青?
ここは宇宙なのか。

生まれ育った街は、この星で一番大きな大陸の中央辺りに位置する。
まずは海に出てみよう。
そしていつかこの星を出るのだ。

A star full of sky.
Two moons tilt to the west horizon,
As I climb up the hill, I look up at the glow of my favorite star.
I approached a tree that stood on a hill, sometimes visited.
I like this hill. This hill overlooking the stars.
I also like to listen to the leaves of tree leaves trembling in the wind.

Tree in the outskirts of the town.
That tree is a bit quirky.
It is an ordinary tree from a distance, but when you approach it you notice the difference.
First of all, beige stuff that is off the top is visible.
Then, like the one made of plaster or styrofoam, the green one is overwrapping.
When you look at it closely, it turns out that fine leaves are densely packed, so it looks like it seems.And the trunk is hidden behind the leaves and can not be seen.

Trees are said to show the future of people.
But its future is various.
Trees show various future.
Trees sometimes show memories.
People do not know what will be show by tree.

「The inside is dark at first.
Then, big eye come out, I saw the ocean, it was a big ocean.
…That is the sea…maybe.」

A woman who met a long time ago, dreamed of going to the sea one day.

「There is a person inside.
Even if I talk to her she was not answer anything.
One eye opened above the head …
I saw a skewered woman, there is only one half.」

In the middle of the journey, a man said that came in this town entered “tree that projects dreams”.

「My grandpa was speaking to me.
My grandpa said that although I have only my childhood memories.
“Do as you think”
I wonder if did I am said from grandpa at long ago?
But now it remains in my mind ….」

My childhood friend talked happily that she seemed to be really being spoken to.

now, I am in front of the tree I thought was going to enter someday.
I decided to enter here before I left this tomorrow.
I stand about 3 m before the tree.
Leaves cover the ground.
And the hole began to open in the leaf just before standing.
Is this the entrance?
The inside is darkness.
After a while light shone from above.
The brightness gradually increases.
Eye. Great eye.
It’s one eye. That pupil is green.
Suddenly I turn my eyes from the top to the front.There was a tree trunk there.
The woman is buried in the tree trunk. She does not move as if sleeping.
It looks like her transparent white skin shines a bit.
I heard a slight trembling sound.
Looking around, the back side of the leaves, which is a green gradation pattern, suddenly became dark.
As eyes got used to it, it was not dark.
There are countless small lights.
It is a starry sky.
But it is not familiar starry sky.The light of the star is strong and dazzling.There are too many.
I moved my eyes downward, there was a blue overwhelming light.
Planet’s blue of somewhere?
Is this the universe?

The town where I was born and raised is located around the center of the largest continent of this star.
First, let’s go out to the sea.
And someday I will leave this star.

【夢映樹の誕生(Birth of Tree that projects dreams)】

私は人の未来が解る。
その人に同調すると、何かその人にまつわる光景が見える。
それは、その人の未来かも知れない。
その人の夢かも知れない。
その人の記憶かも知れない。

過去も現在も未来も、本当は同時に起こっている。
決めるのは現在の自分。現在の自分の思考、行動によって決まる。
その決めたことで未来が変動し、実は過去さえも変動する。
横軸にタイムライン、縦軸に過去、現在、未来の3ラインのマップを想像して欲しい。
現在が時間が進むと同じく、過去も未来も時間が進み、現在だけがどうするかを決めることが出来る。
現在が思考、行動したことで、未来が常に変動している。そして過去も常に変動している。
マップは現在により、総てが変動している。過去、未来は無数にあり、総てが変動している。
過去は、現在の記憶の中でそれに合わせて変動し、そして記憶以外の、過去による結果や、産物も変容していく。それが世界。

私は、人の夢である現在の想い、心から、人の未来を観、人の記憶としてその人が想い込んでいる記憶という過去を観る。
そのどれもが常に変動し、それを定めるのは、その人自身の想い、行動である。
私はそれを観、人に伝えることをしてきた。
人が迷い、悩むのを定められる様、観る光景を伝えてきた。

あるとき私は、ある人の未来を伝えた。今の想いによる未来の光景を伝えた。
その光景を聞き、彼は怒り始めた。怒り続け治まらなかった。
そして男は怒りの果てに私の首を絞め、走り去った。私はそのまま誰も通りそうにない裏路地に倒れ込み、死に絶え様としていた。

だが、そうはならなかった。
何かが、意識を無くそうとしている私の心に触ってきた。何か初めての感覚で。
彼女は私の知らない非ヒューマノイド種族であった。
私の心を探り、その光景を抜き取っているのが感覚で解った。そして路地の建物の壁に、その光景を映し出しているのが感覚で解った。

私はその彼女に、身体としての一命を助けてもらった。しかし、意識を身体に伝えることは出来なかった。身体は死ななかったが、神経が分断されてしまっていて繋がられなかった。だが、意識はある。
それは、彼女も判っていた。

彼女は、その涙の雫型で内臓が透けている身体に私を乗せ、大きな片側の瞳だけの頭で私を押さえ、裏路地から離れた。
そして、街の外れの丘の上まで来ると、そこに在った樹に近付き、私を乗せたまま根元に寄り添った。
そして、樹の心に触り始めた。暫くして樹は葉を鳴らして応え、私達3人は同化した。

私は彼女と樹との一心同体で生きていくことにした。
この夢映樹として。

<◎>
私はあらゆる生命体の心を想いを観、映し出す種族。
今の、この宇宙の支配者がこの宇宙に現れる、遥か前からこの宇宙を見定め、見届けてきた種族。
私は、この支配されてしまった宇宙を何とかする為に、或る魂を捜している。
それは宇宙を救う者、総ての次元を救う者。
この星に生まれたことは解っている。
そして、彼はもうすぐ見つかるであろう。
この夢映樹に惹かれ、自分の未来を観るであろう。
宇宙に羽ばたき、宇宙を導いていく未来を。
そう、定められた未来を。

I understand the future of people.
Synchronizing with that person, I can see something related to that person.
It may be the future of that person.
It may be dream of that person.
It may be memory of that person.

In fact, the past and the present and the future are happening at the same time.
It is the current myself to decide.
It depends on your own thoughts and actions on the moment.
The future will change with that decision, in fact even the past will fluctuate.
Timeline on the horizontal axis. And I want you to imagine the map of past, present and future 3 lines on the vertical axis.
Currently, as time progresses, time goes forward in both the past and the future, and we can decide what to do now only.
Currently, thinking and acting, the future is constantly changing. And the past is also constantly fluctuating.
All time maps are changing according to current. There are countless in the past and the future, and everything is fluctuating.
The past fluctuates according to it in the present memory, and the result and the product by past other than memories also change.
That is the world.

I see the person’s future from the current feeling of mind which is a person’s dream, I see the past that people are grasping as memory and are said to be memory.
None of them constantly fluctuates, it is the person’s own thoughts and actions that determine it.
I have been watching it and telling people.
I tell people the sight that I see, as they can set goals for people’s distress troubles.

At one day, I told a future of one person. I conveyed the sight of the future by the present thought.
Listening to that sight, he began to get angry. He kept getting angry and anger did not get over.
And the man tighten my neck at the end of his anger, and ran away.
I fell down in a dark alley where no one passes, and I thought I was to die.

But that was not the case.
Something touched my mind where consciousness goes down. It was my first sensation.
She was a non-humanoid race I do not know.
I sensed that she explored my heart and pulled out the sight. And on the walls of the alley, I felt as she projecting my sight.

She saved my life. However, I could not convey consciousness to my body.
My body did not die, but the nerve was interrupted and it could not be connected. However, I have consciousness.
That, she knew.

She put me on the her body where its internal organs are transparent with its teardrop shape, she held down me by her head of only one big eyes, we left the alley.
Then coming to the top of the hill out of town, she approached the tree that was there and kept close to the root with me on.
And she began touching the heart of the tree. After a while the tree responded by sounding the leaves, and we three assimilated.

I decided to stay alive with her and the tree.
As this『tree that projects dreams』.

<◎>
I am a tribe that watches and projects the hearts and feelings of all life forms.
Long ago than when the present ruler of this universe appears in this universe, we are a tribe who has been watching this universe.
I am looking for a certain soul to change this universe that has been dominated.
Those who save the universe, those who save all dimensions.I know that he was born on this planet.
And he will be found soon.
He will be attracted by this『Tree that projects dreams』, and he will see his future.
He watch the future that flapping into space, the future that leads the universe.
That, the future where he was destined.

アーティストになった理由

私が、どうしても忘れられない魂の記憶。宇宙と地球の真実の姿を知らせる為に活動しています。 2014年秋までは自動車業界の企業で開発設計を25年間しておりましたが、絵の活動の為に自主退社をしました。

メッセージ

私、佐々木晴英(ささきはれひで)が紡ぎ出す絵と物語。それは、どうしても忘れられない魂の記憶。10億年という遥かな時を超え、今、明かされる真実の歴史。 宇宙の生命とそれらが憧れる地球の女神の真実の姿を伝えます。この魅惑の世界を堪能して下さい。 アクリル絵具で描く色彩豊かな絵。彼らの光と闇の対比を感じて下さい。 0.3mmシャープペンシルで細部まで描き込まれた陰影深い絵。彼女らの艶やかさに触れて下さい。 そして彼らの物語を知って下さい。想い出して下さい。 名前である『晴れ(Hare)』は、この地球のけがれ無き蒼き空を表しています。10億年前の本当に純粋で美しかった蒼き空を表しています。 そして、あの時に還す為に、私はこの名を付けられ生まれ、真実の地球と宇宙の姿を知らせる為に活動しています。