Here

所属

多摩美術大学大学院 修士課程修了

経歴

1990年
岐阜県に生まれる

2010年
多摩美術大学入学

2014年
多摩美術大学大学院入学

2016年
多摩美術大学修了

西村 卓 Nishimura Taku
2010年
温度展(グループ展、多摩美彫刻棟ギャラリー)

2011年
20 展(グループ展、ギャラリーカフェアルル、多摩境)

2012年
てんてんはんそく展(グループ展、多摩美彫刻棟ギャラリー)

2013年
二科展入選(新国立美術館)

2013年
木彫シンポジウム「彫刻村 IN GUJOU」参加

2013年
西村 卓 個展「Fighting Dreamer」(個展、ギャラリー 木の萌 、岐阜県可児市)

2014年
Gyeongnam International Art Fair 2014(韓国)

2014年
美術文化展 新人努力賞(東京都美術館、愛知県美術館)

2014年
木彫シンポジウム「彫刻村 IN GUJOU」参加

2014年
個展 DREAMS 西村 卓 展 (ギャラリィ K 京橋)

2015年
brilliant wimg 18 展 ( アートコンプレックスセンター 四谷 )

2015年
個展 西村 卓 展(ギャラリーはじめ 狛江)

2015年
美術文化展 努力賞(東京都美術館)

2015年
ひと・ヒト・人・ひとりというグループ展(ギャラリィ K)

2015年
西村卓×宮下怜「natural high」(ギャラリー檜BC)

2016年
西村卓 石原由唯「Now Loading...」(ギャラリー檜BC)

2016年
三人展「コモンセンス」(ギャラリィK)

2016年
個展(ギャラリーカフェアルル。)

2017年
日本コラージュ展(ギャラリィK)

2017年
新世代への視点2017 西村卓展-ここ-(ギャラリィK)

2017年
西村卓×須佐美彩「いるかいないかわかんないけどたぶんいるとおもう」(飯島商店)

作品の注目ポイント

街のイメージ

アーティストになった理由

アーティストになろうとおもったきっかけや理由は特にありません。でも、無くても生きていけるけど、やってるとちょっと楽になれる。生きやすい。だから、アートをやめることはできないし、やり続けていきたいと思っています。

メッセージ

自分から見える他人、他人から見える自分、自分で思う自分。それらの差異について考えて作りました。「君のことを理解したい」「君はこんなはずじゃなかった」そんな感情です。作品は自身以外の人間と触れ合ってこそ存在価値が生まれると思っています。This is gallery さんを通してたくさんの方に僕の作品と触れ合って頂けたらとても幸せです。