Small works V-2016-08-06

所属

無所属

経歴

1963年 岡山県に生まれる 1987年 武蔵野美術大学造形学部 油絵学科 卒業 個展 1994年 POSI賞展(調布画廊) 1995年 個展(なびす画廊) グループ展 1991年 ACRYLART展(目黒区美術館) 2006年 北陸中日美術展(金沢21世紀美術館) 2016年 ShareArtAward2016(横浜赤レンガ倉庫 1号館 スペースABC) 2017年 A.R.A.2017(Azabujuban Gallery) 受賞歴 1990年 第5回ホルベイン・スカラシップ 1994年 POSI大賞

作品の注目ポイント

アーティストになった理由

絵画のために残された、わずかながら豊かな根拠を拠り所に、目に見える領域、さらに見えない領域での絵画の在り方を模索したい。

メッセージ

文学、舞踊、演劇、映画にできることが美術にはできない。美術とは視覚に頼る芸術であり、現実の表現、演出、展示による効果は美術を弱体化させる。その事象から目をそらさず、その理由を求め、正面から立ち向かう。 一方で、全ての芸術に共通する作品の構造や成り立ちがあり、芸術の共通性に関わることも求める。 芸術に不要な内容や表現を排除し、芸術としての意志を作品に変換すること。絵画に必要な表現は、ディテイルやニュアンスを超えた、容易には見えない領域で実行される。