花腑

所属

経歴

作品の注目ポイント

私のそれは溢れてしまった。 私の中身は溜め込みに溜め込んで腐っていた。 出そうとしても、絵を描いても描いてもよくわからなかった。 そうして、無意識に溜め込んでいた。 その溜め込んだモノが腐敗したハラワタのように出てくるイメージが湧いた。 そしてそのハラワタは、花なのだ。 滴り落ちる血は真っ赤な花。 花腑が出来上がる課程を詳しく載せています。 梅澤まゆみの世界の中身をかいています。    

アーティストになった理由

メッセージ