赤いコートの少女 (額装付き)

所属

deviantART会員

経歴

2009年  慶應義塾大学通信教育課程文学部Ⅰ類(哲学)卒

2010年 初個展(箱根湯本・平賀敬美術館,画廊企画)

2012年 個展(横浜・ギャルリーパリ、画廊企画)

2013年 個展(横浜・岩崎ミュージアム、画廊企画。´15年、´16年)

2014年 山崎洋子著「誰にでも、言えなかったことがある」カバー挿画

朝日新聞「レジェンド・オブ・ヨコハマ」(山崎洋子)挿絵連載(~'16年)

deviantART102日付Daily Deviation獲得

 

2015年 金田賢一・丸尾めぐみ「朗読三昧」八月のアートワーク担当

 

2016年  「ドローイングとは何か」展入選

シェル美術賞2016入選

81回西相展 西相美術協会賞

 

2017年 4回 宮本三郎記念デッサン大賞展入選

横浜・岩崎ミュージアムで個展

2018年 小田原・清閑亭で個展

6月 早稲田・ドラードギャラリーで個展

第7回「ドローイングとは何か」展 入選

11月28日~12月4日に横浜高島屋7階・美術画廊にて展示

シェル美術賞2018 入選

作品の注目ポイント

2016年からよく描くようになった女の子です。こういう色で描いたのは初めてなので、今後の展開が自分で楽しみです。(額装済み)

アーティストになった理由

画家になる道を選んだのではなくて、画家になるしか道が残されていなかったんです。

メッセージ

横浜高島屋・美術画廊の展示は無事に終了いたしました。皆様、どうもありがとうございました!