IN TOHNO

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

フリーランス・画家 多摩美術大学美術学部絵画科油画専攻卒業 武蔵野アトリエ主宰 絵画講師

経歴

●活動履歴

2008 江口繁個展 「彼女たちの風景―Landscape for women―」

(ギャラリーアートポイント・銀座)

2009 WeekendAustralianArtMELBOURNE2009(アート メルボルン2009・オーストラリア)

2009 タグボートサマーアワード入選展(会場オーディエンス賞受賞)

Young Artist Japan Vol.2 出品、タグボートオータムアワード入選展

2010 Reflection-Exhibition by Contemporary Artist

(ギャラリーアートポイント・銀座)

2011 New Year Selection 2011(ギャラリーアートポイント・銀座)

2011 「ASIAN ART WAY 2011 IN SHANGHAI」(上海)

2011 Emerging Director's Art Fair ULTRA004 (gallery Introart)

2011 Rassemblement des artistes du pop art japonais contemporain(Paris France)

(Galerie Brugier-Rigail   www.artpartnergalerie.com)

2011 江口 繁個展「A storyteller」(Gallerie H・三軒茶屋)

2012 Drector's Artfair fad fair(新宿・アートコンプレックスセンター)

2012 名古屋港アートフェスティバル(名古屋港)

2013 Japanese Pop Art Exhibition(デュービル・フランス)

2013 JEmerging Drector's Art Fair ULTRA 006 (青山スパイラル)

2014 江口繁個展「EXTRA」(ギャラリーイントラート・名古屋)

2014 Mayumi International present- Finding and Developing New Japanese Artist(シドニー)

2014 HONG KONG contemporary 2014 (香港)

2014 Japanese Contemporary Art 2015(台湾)

2015 Japan Pop Art(メルボルン)

2015 Japan Pop Art(ロンドン)

2015 Japan Pop Art(メルボルン)

2016 Japan Pop Art(ロンドン)

作品の注目ポイント

遠野に旅してからずっと描きたかった風景。
この作品から再び水彩ドローイング風景などが10年ぶりに復活すると思う。
長く気にかかった日本の原風景。

アーティストになった理由

はっきりとどこからそう思ったのかわかりにくいですが、とにかく「自分の感性がどこまで表現できるのか」と限界や可能性にチャレンジしないままで人生終わらせたくないとずっと思って今にいたります。 20代のころ島旅をして、太陽を浴びた色の発色や、沖縄、小笠原、遠野などの歴史や民俗学に興味をもち、フランクな表現で絵を見てもらいたい、とその思いは具体的な外の世界と自分の世界をつなぐようになってきます。 描かない期間があるとまた描きたくなってしまう。大変遅筆ですが^^(笑

メッセージ

30のころからオーストラリアに出展しはじめ、最近は毎年メルボルンで展示販売しています。 また他に、フランス、台湾、香港での展示も経験し、さまざまな土地のアーティストやお客様の価値観の違いを学びました。 ロンドンは今年初参加ですが、来年も予定しています。 日本では来年また個展をしたいと思い、場所を感がえております。 お楽しみに!^^