figurehead

所属

一般社団法人アート・インクルージョン 個人ブランド「暗国の杜」

経歴

2001年 山形デザイン専門学校入学 2002年 地元酒造会社主催の「父の日似顔絵ラベル」絵師として参加。地元新聞に活動が掲載される。 2003年 山形デザイン専門学校卒業 2005年 個人サイト開設 2006年 ㋇ごろから突然絵が描けなくなり、苦悩の末「変なアート」を描き始め、サイト上で発表 2012年 似顔絵師として活動開始 同時にアクセサリー作家としても活動を開始し、仙台を中心に積極的にイベントに参加。 2015年 個人サイト10周年 2016年8月 変なアートを描き始めて10周年。 初の個展「変なアート展vol.1」開催。仙台で「闇系展示即売会†Kunst ist Krank†」主催。9月せんだい21アンデパンダン展参加。宮城県芸術祭入選。2017年7月東北障害者芸術公募展入選。8月「第二回闇系展示即売会†Kunst ist Krank†」主催。

作品の注目ポイント

海をイメージしたカメオのような絵を描きました。

アーティストになった理由

物心ついた時からお絵かきが好きで、母に見せるたびに褒められたことで、絵に自信を持つようになりました。 兄と四コマ漫画を描いて遊んだり、学校でも漫画を描いて友達に見せたりしていて、幼いころから、「なんでもいいから絵を描く仕事がしたい」と思うようになりました。 幼いころから絵を描くことは私の中で呼吸するのに等しいほど自然なことで、大人になって絵のレベルが低いことに打ちのめされて夢破れても、夢を捨てきれなかったのです。 そして私は「なんでもいいから絵を仕事に」するためだけに生きてきました。 絵を描くことだけは、一生苦も無く努力できます。

メッセージ

私の描く絵は、「何か訴えてやろう」という意図は特にありません。 自動的に天からもたらされるイメージを忠実に描いているだけです。 でも、そんな「変なアート」は、もしかしたら何かに見えてくるかもしれません。 心で感じ取ってください。難しい理屈なんて初めからありません。