青の地底湖

所属

経歴

幼い頃から絵を描くのが好きだった。奈良美智に感銘を受け、普通大学卒業後、イラストの仕事をしながら武蔵野美術学園で油彩を2年学ぶ。個展、グループ展での発表のかたわら、手創り市やwebshopで作品を発表、販売。 ・個展「Life,magic」(2012表参道)、2人展「niji」(2014目黒)グループ展「The 11th 100Artists Exhibition」(2017ブルックリン N.Y.)他、グループ展多数参加 ・他の活動 インスタレーション「think of 3.11」(2016)、読読よんどく?でのイラストエッセイ連載「somewhere」  

作品の注目ポイント

幻想的な青の世界を描きました。 星の見える夜空に木々の影、水面がゆらめいています。一艘の船が湖面に浮かんでいますが、現実の世界ではないような霧のかかった場面。地底にある異世界の場面として描きました。 風景画でありながら、色彩の抽象画でもあり、画面の中の遠くの水平線を見ていると不思議と心が落ち着いていきます。   サイズが小さめなので、一人暮らしの部屋や寝室、玄関など暮らしのどんな場面にも取り入れやすいです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ アクリル絵具で描き、さらに色の深さを出すため、油彩の透明色で重ねています。 装備は真鍮タックス、裏面にヒートンとタコ糸ですぐに飾れるようになっています。 専用の箱が付いています(※写真最後の右下です) ※写真の裏面は参考用の別作品です。   ※こちらの作品の販売価格は他メディアのものと事情により異なります。詳しくはHPをご覧下さい。

アーティストになった理由

メッセージ

アクリル絵の具、油彩でキャンバスに絵を描いています。 「人間や世界の成り立ち、見えないもの、その空気感やエネルギーや物語」を感じて伝えていくということが制作の根元にあります。旅行、街歩きも大好きなので、土地のエネルギーを描いたり、イラストエッセイで紹介もしています。 大きな作品は展覧会に、小さな作品はお客様と顔を合わせられるイベントで発表しています。小さな作品はどんな方にも気軽に作品を手にしてもらいたいという気持ちで作り始めました。 イベントは手創り市(東京都 雑司が谷)に年数回出展しています。 小さなお守りの絵 mini や感性で描く新しいオーダー・ポートレート sugata も描きます. 現在、JCAT NY(NY ブルックリン)メンバー、読読 よんどく?にて本にまつわるイラストエッセイ「somewhere」連載中。 instagram https://www.instagram.com/kaoru_painter/ 詳しくはwebsiteをご覧ください.