迷い込む楽しさ

所属

無所属

経歴

小さい頃から絵を描くことが好き。

2012〜 写真を撮り始める。

2012〜2013 グループ展示、二人展、個展を行なう。

*二人展では、青色だけの空間展示としてパステル画と写真を使った展示を行ないました。

*個展では、パラレルワールドを表現する展示として、パステル画と写真を一つの額の中に閉じ込めた展示を行ないました。

その後、一度創作活動に区切りをつけ活動休止。

2017〜 今後は絵と共に歩んで行くと決め、アクリル画材を使った水彩画を描いています。

 

日々、新しい表現方法はないかと模索中です。

 

作品の注目ポイント

迷い込んでしまった時は

お鼻もお顔も気分も上げて。

そして脚も高く上げれたら

迷い込んだ世界を楽しむスタートの始まり。

小さなこと、大きなこと、

人はいろんな場面で迷うことがあります。

どうしたらいいか、どれを選べばいいか、

自分のアンテナはなんとなく【コレだ!】を知っています。

迷った時を楽しんでいれば、必ずふとした瞬間

濃厚な時間、楽しい時間、

それぞれの道につながる道が見えるはず。

そんな訪れが起きるきっかけの1枚になれば幸いです。

 

アーティストになった理由

小さい頃から絵を描く事が大好きでした。成長とともに絵を描かなくなりましたが、今になってちゃんと向き合いたいと思い、形にしていく事を決めました。

メッセージ