陶板画-水面の思い出-下絵付けによる風景画

所属

・インハウスデザイナー ・並行したフリーランス活動

経歴

1988年  金沢美術工芸大学 工業デザイン専攻 卒業
1988年~ インハウスの工業デザイナーとして従事中
1992年~ グッドデザイン賞を初受賞
2003年  照明学会 照明デザイン賞 奨励賞を受賞
2007年  ドイツiF賞を受賞
2009年~ 金沢美術工芸大学 照明論 非常勤講師
2010年  JUDI環境デザイン会議 デザイン大賞受賞
2015年~ 陶芸活動を開始 高橋英昭氏に師事
2015年~ 横浜にてKAISHIKI クラフトスタジオの活動開始
2016年  伊勢丹 府中店にて企画展に出展

作品の注目ポイント

・オリジナルの陶板に下絵付けを施しています。
(絵付け後に、1,230℃で本焼きをしています。)
・透明水彩画のような表現を下絵付けに取り入れた作品です。
・陶板に描き1230℃という高温で焼き付けているので経年劣化に依る退色は殆ど無いです。

アーティストになった理由

日本料理の特色である“会敷”と同様に、創作した作品群が皆様の暮らしの中で四季折々の美しさや彩りを添えられる事を願って、日々の創作活動に励んでいます。

メッセージ

四季の草花を料理に添えて季節感や清潔感を表現する、
日本料理の特色の一つである会敷/かいしき。
その考え方から着想を得て、KAISHIKIとしての活動を
横浜で開始しました。