穴ふさぎ6

所属

女子美術大学大学院 修了

経歴

<1985年>
栃木県生まれ
<2008年>
女子美術大学洋画専攻卒業
女子美スタイル最前線07ノミネート
第3回File?展奨励賞
<2010年>
Pepper'sGallery「Do android dream?Ⅶ」個展
大久保婦久子賞受賞
女子美術大学大学院修士課程洋画研究領域 修了
東京丸の内アートアワード2010ノミネート
<2011年>
unseal contemporary 個展
<2013年>
ギャラリーSPACEKIDS個展
<2014年>
第31回FUKUIサムホール美術展奨励賞
第10回世界絵画大賞展入選

<2015年> 

デザインフェスタvol42出展

…他グループ展多数

作品の注目ポイント

穴ふさぎシリーズの6作目です。このシリーズの中では大き目の作品となります。仮面をつけようとしているのか、外そうとしているのか、どちらにも読み取れるようにしています。

アーティストになった理由

絵を描くことが好きで美大に入学しました。子供の頃から、私を支えてくれたのは絵を描くことでした。そして美大と大学院の6年間で、描くことが一層生きるうえでなくてはならないものとなっていくのを感じました。私にとってのコミュニケーションの1つは、絵を描くことです。

メッセージ

黒い紙+木製パネルを支持体とし、金や銀のボールペンによるペン画を主体としたミクストメディアで制作しています。一見エログロ的な作品に見えますが、性嗜虐的、差別的な思想を煽る目的はありません。私自身の記憶や経験を象徴するモチーフと、人形遊びのような身体感覚を組み合わせて描かれているものです。