アンドレ・マルロー 5001

所属

過去たぶろう美術協会会員。

現在フリー。

経歴

新国立美術館でのたぶろう美術協会主宰の

全国公募展で入賞。

作品の注目ポイント

日本人の精神性に深い理解を持ち、20世紀の知性ともいわれたでフランスの思想家、作家で文化相も務めたマルロー。その鋭い洞察力を表現することに注力した作品です。

 

アーティストになった理由

アーティストというより趣味の延長ですが、肖像画の依頼を受けるようになりました。

メッセージ