スクリーン版画/イエローの猫

在庫切れ

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

フリー

経歴

●香川県生まれ、日本デザイナー学院卒。 おもちゃのデザイナー会社に勤務。幼児玩具ムックなどをデザインする。その後パッケージデザインの会社に勤務、化粧品の容器デザインやシェーバーのデザインに従事。 1994年東京でフリーデザイナーとして独立。1997年長岡市へ移転。 デザイナーの傍らロボットの3Dイラストなどを描くようになる。 ディジタルイメージ会員になる。 その後、猫を飼うようになって猫のイラストを描きはじめる。 2011年参加していたイラストレーターグループE-SPACEのグループ展で「たびねこ』のカレンダーイラストを発表。 2014年よりシルクスクリーン版画の制作を開始、現在に至る。 たびねこ森俊憲Blog ☆森俊憲 Behanceページ ☆森俊憲Facebookページ ☆ 森俊憲Tumblrページ ☆森俊憲Pinterestページ

作品の注目ポイント

シルクスクリーンによる版画作品です。 半抽象の猫を描いたオリジナル作品です。 限定20部でエディションナンバーとサインが入ります。 マゼンタ、イエロー、ブルー、黒、透明パールの5色刷りです。 紙はアルシュ88というフランスの高級版画紙です。 額は繊維板(MDF)に、白っぽい木枠風デザインのフォイル仕上げです。 フロントパネルはアクリル板です。 裏面にはピアノ線がセットされていてそのまま飾れます。

アーティストになった理由

メッセージ