yozora

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

多摩美術大学

経歴

2008
グループ展 「こぼれるけしき」  AISHO MIURA ARTS

2009
グループ展 「モヤン展」  下北沢art space

2009
グループ展 「海底祝祭日」 cafe gallery CHUBBY

2010
グループ展 「マゼンダとプルシャンブル-」 文房堂

2010
グループ展 「絵本展」 CCAA ランプ坂gallery

2011
第7回世界絵画大賞展 本江邦夫審査員賞

2014
シェル美術賞展 2014 入選

作品の注目ポイント

前に住んでいた家からすぐ側に小さな川が流れていたのですけど、夜闇のなかでiPhoneで音楽聞きながら息をひそめるように電灯のあかりでかいた川と街並みの絵です。水の側が好きで水の側でないと暮らせないような気がします。青の仮額で額装しています。不要であれば外します。風景を元にして主に製作している油絵と、普段あった事や見たものイメージを元にして描いている水彩画の2つの制作を、主として描いています。見てくれる人が楽しんでくれたり、何か心を動かされるものを書けたらいいなと思うし、それ以上に美しいもの素晴らしいものに感動する瞬間が好きなのです。そういうものが作れたらいいなと思っています。

アーティストになった理由

絵が好きで絵を描いている時の世界と共振してるみたいな万能感が好きです。脳内麻薬。

メッセージ

目の前にある景色と記憶をオーバーラップさせて描いてます。 青の仮額で額装しています。不要であれば外します。風景を元にして主に製作している油絵と、普段あった事や見たものイメージを元にして描いている水彩画の2つの制作を、主として描いています。見てくれる人が楽しんでくれたり、何か心を動かされるものを書けたらいいなと思うし、それ以上に美しいもの素晴らしいものに感動する瞬間が好きなのです。そういうものが作れたらいいなと思っています。