hikari01

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

なし

経歴

略歴
2008年
デザインフェスタ vo.28 にて初めてのイベントに参加。
その後「NGP アンデパンダン展」などをはじめとするグループ展に多数出展。

2015年
Artcomplex Center of Tokyo主催「ACTアート大賞 写真部門」にて優秀賞受賞。
その後も意欲的に活動をつづける。

作品の注目ポイント

ACTアート大賞 写真部門2015 優秀賞 受賞作品。とても思い入れのある作品です。 青い蛍が住む森に居るような感覚をお楽しみください。初めてコンペで入賞した思い入れのある作品です。 コンペで展示したプリントをそのままお届けいたします。(プリントのみ)気分屋なブルーフェチです。玉ボケシリーズ「kiramoya」を中心に写真を撮っています。 今回ご縁があってこちらで作品を販売させていただくこととなりました。 まだ日本では写真を飾るということはあまり日常的ではありませんが、大きなものでなくとも写真を部屋に置いた時にいつもの空間が少し彩られる感覚を知っていただけたら、と思います。 よろしくお願いいたします。

アーティストになった理由

自分が自分として生きやすいことを選んでいった結果、今に至ります。    幼い頃は絵を描くことが好きでしたが、気が付くと世の中には絵の上手い人がわんさか居ることに気づき、なんとなく絵を描くことをやめてしまいました。    写真を始めたのは「いつから」というのが特になく、 ちょっと疲れた時に見た空が綺麗だったり、 道端に落ちている椿を見て儚いと感じたり、 日常の些細なことに気づき心が動いた時にシャッターを切っていました。    これまではひたすら自分の為にだけ写真を撮っていましたが、 今は疲れていたり悲しい気持ちになっている人にそっと寄り添えるような作品づくりができたらいいなと思っています。

メッセージ

光は近くて遠い。  触れられるけど、捕まえられない。  その手の求めるものはなんだろう。     気分屋なブルーフェチです。 玉ボケシリーズ「kiramoya」を中心に写真を撮っています。  今回ご縁があってこちらで作品を販売させていただくこととなりました。  まだ日本では写真を飾るということはあまり日常的ではありませんが、 大きなものでなくとも写真を部屋に置いた時にいつもの空間が少し彩られる感覚を知っていただけたら、と思います。  よろしくお願いいたします。