宝石箱 -pierce-

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

東京藝術大学

経歴

1991年
愛知県で生まれる

2011年
東京藝術大学入学

2012年
進級展
Tri△ngle展

2014年
彫金研究室有志展示 ほりとりどり

2015年
卒業作品展

現在
東京藝術大学 工芸科 彫金研究室 在籍

作品の注目ポイント

大切なものをいれる箱。 いつまでも眺めていたいし、人にもみせたいもの。   宝物箱を身に着けて、ときめきを感じたり素敵な気分になって頂ければ嬉しいです。

アーティストになった理由

物心がついた頃から物づくりやデザインすることが好きで、自分の手で作品を生み出せる作家というものになりたいと思い東京藝術大学に入学しました。現在は工芸科の彫金という専攻で彫金技法を学び、ジュエリーを制作しております。日常生活の中での発見や感動、素敵だなと感じたものをジュエリーで表現しており、その気持ちを作品を通して共有できたら嬉しいです。

メッセージ

ジュエリーを身に着け歩くと作品の一部が揺れる仕組みを用いたり、表面のテクスチャーによって見る人に様々な感情を持ってもらえるような作品を制作しています。金属という素材は表面を光らせることも曇らせることもできる面白い素材だと思うので、素材のもつ美しさを大切にしていきたいです。ジュエリーは絵画やオブジェとは違い、身につけることが前提にあると思っているので、身につけることでその人が魅力的に見えたり、豊かで素敵な気持ちになれることを願って制作しております。私は、自然や空などを見て考え事をするのが好きであり、その時色々な感情を持つ。又、ジュエリーというものは選ぶとき、身に付けるとき、人にプレゼントをするときなど人の気持ちが揺れ動かされるものであると思う。この自然を見るときに動かされる気持ちと、ジュエリーに動かされる気持ちを重ね合わせ、実際に身につけることで揺れ動くジュエリーを四季をテーマに制作した。This isGalleryさんにお声がけ頂き、大変嬉しく思います。この場を通して、少しでも多くの方に作品を見ていただけること、作品に込めた思いや感動を共有できることを楽しみにしております。