Flamingo

レビュー

  • Obara

    チェーンソーで大胆に削られているのに、とても繊細で美しく立つ姿に感動しました。

所属

武蔵野美術大学

経歴

佐熊 香奈 1992年 千葉生まれ 2012年 武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科入学 2013年 グループ展 「nante」 デザインフェスタvol.37 2014年 公募展 「銀座動物園vol.2」 銀座モダンアート 個展 「Kana's Metal Works」 万国學生藝術展覧祭2014 グループ展 「金工課題展示」、「Metal Craft」武蔵野美術大学芸術祭2014 2015年 公募展 「ARTISTS’CAFEvol.13」 銀座モダンアート グループ展 「七星展」 銀座モダンアート 公募展 「いまからまめさら2015」 清課堂 現在 武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 金工専攻 学部4年 在籍

作品の注目ポイント

春の何かが変化していく、力強くどこか儚い気持ちをフラミンゴの持つ美しさと共に表現しました。木調のお店のエントランスや、お家の玄関などに飾っていただくと雰囲気にマッチしながらも存在感のある作品になると思います。

アーティストになった理由

小さい頃から手でものをつくることが大好きでした。大きくなってもそれは変わらず、大学では金属工芸を学んでいます。 その他にも丸太を使ってのチェーンソーアートも行います。主なモチーフは動物です。 技法として、動物の細かな表情や優しさを表現するには金工が、力強さや躍動感を表現するにはチェーンソーアートが私には合っています。 自分と異なる形をした生き物にワクワクします。こんなに首が長いとどういう気持ち?その高さから見る世界はどんな風に見えるの?そんなに自由に泳げたらどんなに気持ちがいいの?同じ生き物として彼らを尊敬し、羨ましくなります。そんな彼らのもつ魅力を私の五感を通して伝えられればと思います。

メッセージ

木調のお店のエントランスや、お家の玄関などに飾っていただくと 雰囲気にマッチしながらも存在感のある作品になると思います。