ハンティング・トロフィー

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

東京藝術大学 油画技法・材料第1研究室

経歴

【略歴】

2013年 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業

2015年 東京芸術大学美術研究科絵画専攻油画技法・材料第1研究室 卒業

【展示等】

2010年 JOBANアートライン 待合室デザイン(JR松戸駅)

2011年 GTS 油絵茶屋再現 油絵制作(浅草寺境内)

2012年

上野芸友賞展(上野 東京藝術大学)

大地の芸術祭 油絵茶屋再現 油絵制作(越後妻有)

東京藝術大学卒業・修了展 (東京都美術館)

2014年

東京藝術大学卒業・修了展 (上野 東京藝術大学)

グループ展 『Nt展』(東京 乃木坂)

作品の注目ポイント

麻布は透けています。極力描画材料を絞り、骨灰を使って描いています。遺伝子組み換えをした鹿の頭骨です。麻布がむき出しで少々突きなどの扱いに注意が必要ですが、絵具の固着などは良好です。タペストリーのような感覚で額なしで素材感を楽しんでいただけたらと思います。たくさんの方に作品を見ていただける場に参加でき光栄です。皆さんの声をいただき、更に研究を深化させてゆきたいです。

アーティストになった理由

メッセージ

たとえば人は、自分の中でなにが起きているのか知らなくても生きてゆける。しかし、知ること、また知ろうとすることはものの本質を探る、大切なプロセスなのだと考える。普通のありふれた風景に、なぜと問いかけてみると、そこにはまた別の世界が広がっている。見えないものの方が、世界に溢れているし、真実であったりするから。