白湯に牡丹

在庫切れ

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

無所属

経歴

美大受験と浪人を経て現在にいたる

作品の注目ポイント

どぼん。と 重い花弁を散らして 一面の白湯の中にその存在を 魅せた。一瞬で。 枯れるなんて 溺れるなんて 淘汰なんて 関係ないのだ。 それは一種の津波だ。  

アーティストになった理由

1歳のころ セーラーマーズの赤いハイヒールがどうしても描きたかったのがきっかけ。

少女の形 性質にあこがれを抱き現在へいたる。

メッセージ