「相と反」より、「黒と白」

¥5,000
カートに入れる

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

freelance

経歴

2001年-2004年:YOSAKOIソーラン祭りチームカメラマン

2003年-2004年:札幌演劇の舞台カメラマン

を経て現在は関東圏で制作活動中。

自身の旅先での写真や、ご依頼頂いた各テーマ(CDジャケット、舞台撮影、イベント撮影、アーティストライブ、プロフィール写真、プロモーションビデオ、写真集)で作品制作を致しております。

作品の注目ポイント

作品集「相と反」より、赤外写真と可視光写真を融合させた作品のひとつです。黒と白は一般的には悪役の黒、正義の白ですが、作品集「相と反」では一人の少女の中に存在する相反した2つの人格を表現しています。黒は表面上は愛々しく哀れみ深いように見えつつも、邪曲な内面を併せ持ち、白は奔放で突き放した強い言動を持ちながらも、内面は不安や迷いを抱えています。本作品は一人の少女中に存在する黒と白の人格のうち、「黒の哀れみの心によって、弱さを抱える白へ手を差し伸べる」という黒と白の補間関係を表現しています。本作品はデザインフェスタvol.42で展示した現品2点限りの貴重な一品です。 作品集「相と反」からはこの作品の他に3点、大判作品2点もございますので、合わせてご覧頂ければ嬉しいです。

アーティストになった理由

学生の頃に星の写真が撮りたくて一眼レフの世界に入りました。そこから被写体が花になり、景色になり、人になり・・・と様々な被写体にチャレンジし現在に至ります。

メッセージ

ギャラリーをご覧頂き、良かったものにはぜひお気に入り登録して頂けると、今後の活動の励みになりますので皆様よろしくお願いいたします。