小夜時雨 今宵は不実を 眠らせて

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

武蔵野美術大学 通信教育学部総合教育課程

経歴

出展履歴 2015.7.19~25 奥野ビル夏祭り!うちわ&扇展 2015.8.10~15 [ARTISTS'CAFE] Vol.15 銀座モダンアートさまにて 2015.9.9~16  第41回 美術の祭典 東京展 東京都美術館さまにて 2015.11.1~7 [ARTISTS'CAFE] Vol.16 銀座モダンアートさまにて 2015.12.10~15 第3回 美術の祭典 関西展 小品展 ギャラリー香さまにて

作品の注目ポイント

二匹のアメフラシが紫の液と白い液を混合させ、冬の夜に小夜時雨を降らせます。タイプの違う二人が不信感に目を瞑り、利害の一致で生み出した一夜限りの信頼関係がキラキラと光を放ちます。それからのことは、彼女たちの気まぐれ次第ですね。それぞれの生きる道に希望がありますよう、私はただ願うばかりです。

アーティストになった理由

絵を描くことが自分にとって生きることのすべてであり、可能な限りそれだけに専念していたいから、そしてそんなありのままの自分が世の中に許され、受け入れてもらうための唯一の道がアーティストとして生きていくことだと考えているからです。

メッセージ

「人の心の弱さとひみつ」をテーマに、ウミウシなどの海洋生物と女の子の絵を描いています。少女の心とウミウシは、どちらも色彩豊かで美しく、それでいて深遠なひみつに包まれているのです。油彩、水彩、木炭、パステル、デジタル、コラージュなど、使えるものは何でも使います。