me

在庫切れ

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

女子美術大学 美術学科 洋画専攻 絵画コース 学部4年

経歴

about


1993 神奈川県生まれ愛知県育ち

2012 愛知県立旭丘高等学校 普通科 卒業

2014 女子美術大学芸術学部美術学科洋画専攻入学

————————————

1993 born in Aichi,Japan

2012 graduated Aichi Prefectural Asahigaoka Senior High School

2014 entered JOSHIBI UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

major in Fine Arts Course/Oil Painting

Exhibition

2015

・五美術大学交流展2015(武蔵野美術大学)

・PAINT YOUR TEETH #32(Golden egg/新宿歌舞伎町)

・Enigma/エニグマ展(Fine Art Gallery/イギリス,ラフバラ大学)

2016

・Wall Art Festival with noco 2016(カタキーパダ小学校/インド,マハラシュトラ州ガンジャード村)

・五美術大学交流展小作品展(銀座モダンアート/銀座)

・汐留ストリートフェスティバル 2016 Summer Pillar Art コンペティション(汐留シオサイト/東京都,汐留)

・おとまち小江戸夏まつりPainters STREET(ウエスタ川越/埼玉県川越市)

・五美術大学交流展2016(武蔵野美術大学)

2017

・拠展(東京,原宿)

・Light it up blue 川越(埼玉,川越)

・墨田区立隅田小学校卒業黒板アート(東京,墨田区)

受賞歴

・平成26年度進級制作優秀賞(女子美術大学)

・平成27年度女子美奨励賞(女子美術大学)

作品の注目ポイント

自画像の習作です。

アーティストになった理由

私は私を生きながら、ずっと私のことを分からないでいます。いきなりこんな事を言ってもなんのことだかさっぱりかもしれませんが。私はずっと、人から与えられた評価や貼られたレッテルからしか私のことを知れないでいました。「自分を見失う」とはよく言ったもので、自分を人まかせに生きてきたので私は私を見失い続けてきました。でもただ唯一、絵を描いている間は自分を確かな存在として実感することができました。時間を忘れ、息をすることも忘れ、夢中にこの瞬間を生きている!今の私にとって絵を描く行為は、自分が自分でいることを確認する手段です。私が私を生きている証です。目一杯わがままに私を生きたい。だから絵を描き続けることにしました。

メッセージ

忘れたくないこと置き去りにしたくないこと、ちゃんとずっともっていたいもの、感情、温度、空気、光景、瞬間、記憶、そういったものを描きのこそうと模索しています。ThisisGalleryという限りなく多数にひらかれたギャラリーに作品を展示させて頂けて嬉しい限りです。この場を通じて、自分が絵を描くということ、人が絵を見るということ、その間にうまれる繋がりのことを考えていけたらと思います。