LINEで相談

LINE

小田切 佳代

彫金師、画家2009年より長野県上伊那郡宮田村に『愛芽』という創作ジュエリーと絵のアトリエを構え、活動中。現在はスピリチュアルな感覚と水の表現を主体として、誰もが唯一無二の大切な存在という思いと、愛や心の豊かさを作品に込めて創作しています。詳しくは当HP/www.meme-jewels.comをご覧くださいませ。 略歴2001年~   名古屋トライデントデザイン専門学雑貨クリエイト学科卒業後、彫金師となり経験を積む。

2005年~ 新風舎にて詩集『女芽』共同出版 (詩・挿絵)「silver・jewelry meme」として、共同展など個人の活動を開始

2009年8月 ~ 「meme」と改め、 半年間のプレオープン後、長野の田舎にブリコラージュ(廃材を使った)のアトリエを構え独立。

同時にウェルカムボード等の 絵の仕事も頂くようになる。

2012年~ 6,10月 JCAA<明日の巨匠>ルーブル美術館展 ART SHOPPING2012絵画入選・出展初公募。画家としても本格的に活動を始める2017年 「愛芽」と改名。10月にはdtvドラマ「花にけだもの」にて美術協力スピリチュアルと水を織り交ぜたオリジナル創作ジュエリーとアートを展開。

2018年 /2019年 3月 中目黒MDPギャラリー『sakura pink展』各出展  

2019年 3Rの取組として自身の仕事を通した支援活動をスタート。愛芽を総称として創作ジュエリーはオリジナルブランド「銀の滴ふるふるまわりに 金の滴ふるふるまわりに」と定める。

12月新作展 そらのたね展Vol.1がスタート

テーマとして生まれた詩「そらのたね(宇宙の種)」の内容が支援とリンクし、使命を感じ、広める活動を決意。

2020年3月アートとチャリティを組み合わせた取り組み『そらのたね』を立ち上げる。

昨年よりスタートした支援の取組を「そらのたね支援」としてスタート。

2020年 6月世界一小さなギャラリーそらのたねプレオープン。保護猫をテーマにしたそらのたね展Vol.2 売上の20%を保護猫活動施設へ寄付

9月そらのたね展vol.3 野菜をメインテーマにした3人展 チャリティポストカードを販売し売上をそらのたね支援へ。

活動の詳しくは公式そらのたねHP/soranotane.comよりご覧頂けます。