Un retranchement près du lac.

所属

フランス パリ芸術学院、ソロボンヌ大学芸術史専攻。

経歴

Olivier Piquotは、パリの近くで中流階級の家庭に3人兄弟の次男として生まれた彼は画家、イラストレーター、神秘的な哲学者です。彼の芸術的な活動は非常に早い時期に現れました。 Olivier Piquot1995年、Eure-et-LoirBrou Art Festivalで初めての共同展に参加しました。

 

Montereau High Schoolでは応用絵画科を卒業し、しばらくは自由な時間を絵画に費やしながら、彼はバカロレア(フランスの高等教育機関に入学するための資格及びその国家試験のこと。)取得し、大学で学ぶための研究を再開しました。ロータリー・クラブ・インターナショナルには優秀な学生として表彰されました。在学中には古代建築研修のためイタリア、ローマに留学しました。

Olivier Piquotは、パリのボナパルト通りにあるパリ国立美術学校にて、ピエール・マッテイ(Pierre Matthey)氏に師事し高度な裸体模写のテクニックを学びました。ピエール・マッテイ氏は彼のデッサンは正確さ、完成度のたかいエドガードガのようだと讃えましたが今日のアートは、アーティストの過度な近代化、抽象画を好み、彼はこのようなモダンな系統を好まず芸術学校を後にしました。

 

 

彼はシャルトル大聖堂の裏にある昔の司教の住んでいたシャルトル宮殿で美術館館長の補佐として一時期住んでいました。

 

2010年からは京都に引っ越し、京都宝ヶ池にあるカフェニフティにて日本で初の個展を開催。

1013年にフランスに帰国し、パリの凱旋門近くにあるギャラリーにてパリのアーティストたちと共同個展をひらきました。

2016年に再び京都に。今も絵画活動を続けている。

 

 

20

作品の注目ポイント

Un retranchement près du lac.

キャンパス絵画。額装無し。

 

 

アーティストになった理由

子供の時からの夢であり、天職。

メッセージ