こぐま座のホテル

所属

フランス(一部ドイツ等)絵画輸入元scince 1986 契約作家10人 ミッシェル・アンリ、マニュエル・リュバロ、ジャン・ゴダン、ウット・エルマン、ピエルマテオ、ダニエル・クチュール、ジェラール・ジェベール、ニコル・クレマン、ミッシェル・マルグレイ 

SNS

経歴

1953年 オーナー武田康弘 日本生れ パリ大学第10社会学修士卒Universte de Nantere Paris X  sociologie Maitrise  

https://www.adekat-gallery.co.jp/

 

 

作品の注目ポイント

1908年~1999年 レイモン・ペイネはフランスが生んだ20世紀最大のイラストレーター。

恋人達の愛と周囲の動物、植物、花に平和なメルヘン世界を描き、愛と平和のメッセージを

送り続けた。このオリジナルリトグラフはペイネの親友のミュレ氏が1985年にペイネの記念切手発売に合わせて制作した36種類の恋人達のシリーズの1作品。私の後輩が版元ミュレ氏の甥にあたり、ミュレ氏が1992年に他界された際このシリーズを数千枚買った。

この作品は、恋人達が天に昇り小熊座のホテルについた。天使が短期宿泊がそれとも永遠に住むのかを聞いている。

アーティストになった理由

フランスでの大学生活を通じ、ルネッサンス以降のヨーロッパ絵画を理解し、身近に鑑賞を重ねその輝かしい美しさに魅了されました。

メッセージ

現存のフランス画家の絵画を30年以上輸入し日本に紹介しています。