Cooomposition

sold

所属

1978年 滋賀県生まれ
2001年 京都精華大学 美術学部 立体造形専攻卒業
2003年 沖縄県立芸術大学大学院 造形芸術研究科修了

 

 

経歴

2014年「ゲンビどこでも企画公募2014展」ミクストメディア作品で入選

2015年「NHKテクネIDアワード」において自身の制作したペーパークラフトを用いたストップモーションアニメが審査員辻川幸一郎推薦作品に選出される

2015年「第25回紙わざ大賞」子供の絵を立体化したペーパークラフト作品OKOSAMA MADEで大賞受賞

2015年「NEWS ZERO ZERO human」でペーパークラフトアーティストとして紹介される

2016年「紙のアートフェスティバル」写真の一部を飛び出させたペーパークラフト作品Figitives &intorudersで特別賞受賞 

2017年「大黒屋現代アート入賞作品展」ミクストメディア作品で入賞

2017年 「全関西美術展」ミクストメディア作品で第一席(大賞)受賞

2018年「大分アートプラザ」にてオリジナルコラボ作品を発売

2018年「京都国際映画祭クリエイターズファクトリー」アート部門に出品

2019年「第14回タグボートアワード」ミクストメディア作品で入選

近年の個展

2017年「メントリアル」ART FORUM JARFO 京都市

2019年「紙生物展」森×hakoギャラリー 広島県福山市

2019年「紙なる生物たち」Gallery黎Begin 京都市

2019年「大村洋二朗展~紙なる生物たち~」エディオン蔦屋家電 広島市

 

作品の注目ポイント

平面的イメージのある絵画のグリッドを部分的に立体化した作品です。
ベースは木材を用いて立体を作成し、パテで目留め、シーラーで下地処理、アクリル絵の具を何層にも丁寧に重ねながらペイントという工程で作成されております。
既視感のあるシンプルなデザインを立体化することでリズムが生じ、現代的な要素を持った作品に仕上がっております。
モンドリアンの「コンポジション」を現代的に再構成したオマージュ作品です。

平面として生まれたデザインを立体化することで、絵画と立体の関係性を逆説的にとらえ、新たな感覚の構築を示唆しました。

パネルの裏面には紐掛け用のフックを取り付けております。

2017年制作 オリジナル一点物

アーティストになった理由

絵が得意だったので美術系高校の日本画を受験するも、第二希望の彫刻家に落とされ今日に至ります。

メッセージ