Psychedelic dragonfly

在庫切れ

所属

1978年 滋賀県生まれ

2003年 沖縄県立芸術大学大学院 造形芸術研究科修了

経歴

2014年「ゲンビどこでも企画公募2014展」入選

2015年「第25回紙わざ大賞」大賞

2015年「NEWS ZERO ZERO human」に出演

2016年「紙のアートフェスティバル」特別賞 

2017年「大黒屋現代アート入賞作品展」入賞

2017年 「全関西美術展」第一席

2018年「大分アートプラザ」にてオリジナルコラボ作品発売開始

2018年「京都国際映画祭クリエイターズファクトリー」出品

その他、個展、企画展などに多数出品

 

作品の注目ポイント

主にペーパークラフトを用いたアートを作成しております。

こちらの作品はトンボの写真を元に羽根にサイケデリックなテクスチャを加えて立体化した作品です。

トンボ本体及び羽根部分を立体化しております。

カラフルな羽根を大きく広げていますので非常に美しくインパクトのある仕上がりとなっております。

背景部分には羽根の薄い影を作っておりますのでドラマチックな印象を醸し出しています。

昆虫の羽根は薄く立体化が非常に難しかったのですが、試行錯誤の末にこの度ようやく作品として成立するものが出来上がったと思います。羽根の構造は実際のトンボより動きを大きく迫力の出るようにディフォルメしております。

リアルな構造ながら美しい色彩を持つクールなイメージの作品に仕上がりました。

 

こちらの作品のエディションナンバーは1/5となります。

木製パネルの上クリアパネルを設置し、本体を取り付けている構造となっております。

裏面にひも掛け用のフックを取り付け、制作年、作者サインを記載しております。

木製パネルはつや消しホワイト塗装(アクリル系)で仕上げております。

 

アーティストになった理由

絵が得意だったので美術系高校の日本画科を受験したのですが第二希望の彫刻科で合格してしまい、なぜかそのまま彫刻を続けています。

メッセージ

告知

「現代アートとサイエンス」というwebマガジンに私のコラムが掲載されております。this is galleryについても少し触れておりますので、ご興味ある方はご高覧下さいませ。

 

京都webマガジン「現代アートとサイエンス」

https://6789-6666.jimdo.com/