Deer of the zebra

在庫切れ

所属

1978年 滋賀県生まれ

2003年 沖縄県立芸術大学大学院 造形芸術研究科修了

経歴

2014年「ゲンビどこでも企画公募2014展」入選

2015年「第25回紙わざ大賞」大賞

2015年「NEWS ZERO ZERO human」に出演

2016年「紙のアートフェスティバル」特別賞 

2017年「大黒屋現代アート入賞作品展」入賞

2017年 「全関西美術展」第一席

2018年「大分アートプラザ」にてオリジナルコラボ作品発売開始

2018年「京都国際映画祭クリエイターズファクトリー」出品

その他、個展、企画展などに多数出品

 

作品の注目ポイント

ペーパークラフトを用いて制作した鹿のハンティングトロフィーになります。

オリジナルのゼブラパターンを作成し、表面のテクスチャとして使用いたしました。

鹿の構造は画像でもご確認いただけますように細部までリアリティーにこだわりモデリングをいたしました。

特に角部分はかなり複雑な造形となったため、ペーパークラフトの限界に挑戦するつもりで制作いたしました。

サイズも全長48㎝と大型でかなりの迫力です。

草食動物同士を組み合わせたのですが、かなり強そうな仕上がりとなりました。

テクスチャが左右アシンメトリーになっており、角度によって表情のイメージが変わります。

作品タイトルを直訳すると「シマウマの鹿」と意味不明なところが気に入っております。

 

2018年制作 ED:1/3

木製の額に本体を取り付けております。
額部分は市販品になります。
床置き壁掛けの両方に対応した額になります。
本体部分は光沢写真用紙を使用して作成しております。

 

アーティストになった理由

絵が得意だったので美術系高校の日本画科を受験したのですが第二希望の彫刻科で合格してしまい、なぜかそのまま彫刻を続けています。

メッセージ

告知

「現代アートとサイエンス」というwebマガジンに私のコラムが掲載されております。this is galleryについても少し触れておりますので、ご興味ある方はご高覧下さいませ。

 

京都webマガジン「現代アートとサイエンス」

https://6789-6666.jimdo.com/