鬼の五月雨

所属

無所属

SNS

経歴

画家名『田坂仁志』(TasakaHitoshi)

小説家名『塵芥時路』(JinkaiTokiji)

公募・企画展

「ミレー友好協会展、入選」

「日美展、秀作、佳作」

「パリ・サロンドートンヌ、入選」

「MOVE展inベルリン、出品」

「MOVE展in上海、出品」他多数。

個展

「田坂仁志こと塵芥時路展」

「田坂仁志絵画展」

「田坂仁志&maruta展」

「乱舞展」

「華彩天武展」他多数。

塵芥時路として、執筆活動もおこなっています。

 

作品の注目ポイント

複数の手の中に鬼が生えており、まるで世界を覗き込んでいるように描いています。

鬼から生えた果実は甘美で、人々にその甘美な果実を食べさせようとしているのです。

木炭デッサンからアウトラインを決めて、カラフルに制作しています。

 

アーティストになった理由

元々、漫画が好きで、漫画家を目指しており、漫画家に挫折・・・・・・

その時、日本画家の先生に「画家してみない?」と誘われて、そのまま画家になりました。

それほど興味のなかった世界ですが、自己表現という世界に惹かれ、公募や企画展、個展など積極的に活動しています。

メッセージ

グローバルスタンダードの作品を目指しており、世界に通用する作品を制作したいと思っています。

既存の価値観の囚われないような、斬新な発想と世界観で、勝負していきたいと思います。