キミとボクとのあいだに

所属

This is Galleryさま

SNS

経歴

 

2006/11月アニメ会社のデジタル彩色仕上げとして活躍。女性の色指定さんをと期待されていたが体を壊してしまう。

2007/2月アニメ会社 退社

絵を描くということは捨てられず、

 

2013,14/10月デザインフェスタギャラリー原宿アートピースで間借りし個展開催。

2014/2月星を撒く少女という作品が評価され、印刷会社イロドリの会員誌パンフレット(現在は休止)表紙に。

2015年/3月末 某美術大学傍のスイーツ店の看板を手がける。

2016,18年ウェルカムボード製作。

2019年 アメリカ カルフォルニア州 コルトン市に絵が渡る

作品の注目ポイント

自然物と動物のコラボとして、私なりにお花とゾウを会話させたら面白くなるのではないかと思い、自由な解釈で物語調に描いてみました。

 

今回はゾウのお友達から、花の電話が鳴ったという解釈のもと、チューリップに耳を傾けています。

アーティストになった理由

私は幼少の頃からどちらかといえば大人しい子供でした。小学校高学年に上がると人とのコミニュケーションがうまくいかなくなり、いじめの対象になりました。担任の先生が私の気持ちの吐け口にと、杜子春というお話を聞かせてくれ、それをイメージして絵に起こして欲しいと言われました。

それが、市長賞を取ったと聞かされた時には驚きましたが、先生方や先輩方の後押しもありいまがあります。実力としてはまだまだですが、上を目指して上手くなれるように精進しますのでよろしくお願いいたします。nono

メッセージ