クジャクのドレス

For foreign customer who is interested of buying art.
Please click the button above for further information.

所属

フリー

経歴

滋賀県生まれ/獣医師/農学博士/一児母

鯨類の研究者を目指す傍らで作品制作を始める。

研究者の道は断念したが、アートという手段で生命について考え続けています。

 

・受賞歴と展示歴

2008年 「第21回日本の自然を描く展」上位入選

2019年 東京インディペンデント2019(東京藝術大学)

2019年 Independent TOKYO 2019

作品の注目ポイント

花弁状の構造を伴う細胞群によって装飾された生体ドレス。

美しいものを作る内なる生命力は誰もが持つものです。

 

2008年に描いた絵に、2018年に納得いくまで加筆しました。モデリングペーストや紙で下地を作ってから着色しました。細胞の部分は透明なメディウムを使用し、立体感が出るようにしました。縁は、レースのリボンで装飾しています。画面保護のため、ワニス(ツヤ無し)を塗っています。

アーティストになった理由

高度に発達した文明に囲まれる私たちの日常には、 生き物としてのリアリティが希薄です。 日常では見えにくい命の形と繋がりを提示することで、 生きているリアリティを人々に誘起すること、 そして、パンデミックや気候変動のような文明が招いた危機が迫る中、 未来に向けてどのように舵を切っていくのか社会に問いかけること、 それらを実行する手段はアートだと考えたからです。

メッセージ

ご高覧いただきましてありがとうございます。

ご自身の中に備わった生きる力や命の繋がりを再認識していただけるような作品作りを目指しています。どうぞよろしくお願いいたします。