体の中に棲む蛇

For foreign customer who is interested of buying art.
Please click the button above for further information.

所属

なし

SNS

Instagram,Twitter│shinitagaki314

経歴

Residence  

2019 "D’CLINIC"  in Zalaegerszeg, Hungary

 

Exhibition

2019 《くもりの日》板垣晋・関沙月 二人展 ギャラリーアミ

  《FGSコレクション展》グループ展 フジギャラリー新宿

   

2018 《FGS コレクション展》 グループ展 フジギャラリー新宿

  《100点のコレクション展》 グループ展 フジギャラリー新宿

  《汐留ストリートフェスティバル2018–SUMMER-》

  《Blue Collection》 グループ展 東急百貨店たまプラーザ店 

  《近似値 板垣晋・関沙月二人展》ギャラリーイロ

  《板垣晋展》個展  タリーズ表参道ヒルズ店

   

2017 《SEBIT2017 東京都専門学校アート&デザイン展》 東京都美術館

  《汐留ストリートフェスティバル2017 -Winter-》

   

2016 《問う》2人展 Design Festa Gallery

作品の注目ポイント

モチーフは私が撮影した写真の隅に写る、何者かも知らない人々。撮られている、という意識のない人々はリラックスした状態で写ってて、親密感にとても似ている。その身体からはまるで蛇のような、得体の知れない美しい揺らぎを感じる。

アーティストになった理由

メッセージ

" 枠の外" に形を与え、理解を与える。

長年科学的な分析、実践を行ってきた。それは人類が広げてきた知識の枠を学び、さらに広げること。

ある時、枠の外があることに気づいた。論理や理論では実証できないもの。常に流動的で刹那的な揺らぎに魅せられ、それを明らかにしようと製作する。製作過程そのものが揺らぎに身を重ねる方法の一つである。体験として記録し、それを足がかりに再び揺らぎに形を与える。