巨大な花柄トカゲは隣を気にする

sold

所属

1978年 滋賀県生まれ
2001年 京都精華大学 美術学部 立体造形専攻卒業
2003年 沖縄県立芸術大学大学院 造形芸術研究科修了

 

 

経歴

2014年「ゲンビどこでも企画公募2014展」ミクストメディア作品で入選

2015年「NHKテクネIDアワード」において自身の制作したペーパークラフトを用いたストップモーションアニメが審査員辻川幸一郎推薦作品に選出される

2015年「第25回紙わざ大賞」子供の絵を立体化したペーパークラフト作品OKOSAMA MADEで大賞受賞

2015年「NEWS ZERO ZERO human」でペーパークラフトアーティストとして紹介される

2016年「紙のアートフェスティバル」写真の一部を飛び出させたペーパークラフト作品Figitives &intorudersで特別賞受賞 

2017年「大黒屋現代アート入賞作品展」ミクストメディア作品で入賞

2017年 「全関西美術展」ミクストメディア作品で第一席(大賞)受賞

2018年「大分アートプラザ」にてオリジナルコラボ作品を発売

2018年「京都国際映画祭クリエイターズファクトリー」アート部門に出品

2019年「第14回タグボートアワード」ミクストメディア作品で入選

近年の個展

2017年「メントリアル」ART FORUM JARFO 京都市

2019年「紙生物展」森×hakoギャラリー 広島県福山市

2019年「紙なる生物たち」Gallery黎Begin 京都市

2019年「大村洋二朗展~紙なる生物たち~」エディオン蔦屋家電 広島市

 

作品の注目ポイント

「#アートで世界を元気に」に参加作品ですので通常価格より値引きしております。

こちらはトカゲの画像を元にペーパークラフト技術を用いて立体的に表現した作品になります。
本体及び足部を立体化しております。
表面上には複数の花柄を構成したイラストをテクスチャとして用いております。
全長47㎝の超大型タイプとなります。大型の分、限界まで解像度を上げて制作いたしましたので、細部の目や輪郭のラインなどもかなりこだわってモデリングすることが出来ました。全体的には身体のプロポーションに抑揚を持たせ、非常にリアリティの感じられる仕上がりとなっております。

木製パネルは作品全体がちょうど収まるサイズに制作し、特注のクリアパネルを上面に張り付けております。

他の作品とは一線を画したこだわりの一点物となります。

2020年制作 一点物
縦約25㎝×横約47㎝×奥行き約12㎝
重さ 2㎏以内

木製パネルの上にクリアパネルを取り付けております。
パネルの裏面には紐掛け用のフックを取り付け、制作年、作者サインを記しております。
パネルは木材にマットホワイト塗装(アクリル系絵の具)で仕上げられております。
本体部分は光沢写真用紙を使用して作成しております。

 

アーティストになった理由

絵が得意だったので美術系高校の日本画を受験するも、第二希望の彫刻家に落とされ今日に至ります。

メッセージ