乱舞

sold

購入レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

フリー

経歴

獣医の大学で細胞とクジラの研究をしていましたが、現在は研究対象をモチーフに換えて、命について考え続けています。

【略歴】

滋賀県出身。神奈川県在住。

2005年 大阪府立大学大学院農学生命科学研究科獣医学専攻博士課程修了(獣医学博士)

2007年 鯨類調査員の傍ら、独学でアクリル画を始める。

2017年 出産・育児のブランクを経て制作活動を再開する。

 

【受賞・入選歴】

2020年 IAG(池袋アートギャザリング)AWARDS 2020 入選

2019年 第4回星乃珈琲店絵画コンテスト 優秀賞

2008年 第21回日本の自然を描く展 上位入選

 

【展示歴】

2020年 IAG AWARDS2020 EXHIBITION / 東京芸術劇場(東京)

2020年 グループ展「Dimension2020」 / GALLERY ART POINT(東京)

2020年 Web大美術展「KENZAN2020」/ WEBSITE and YouTube

2019年 Independent TOKYO 2019 / 東京

2019年 東京インディペンデント2019/ 東京藝術大学

 

作品の注目ポイント

溢れ出る生命力がテーマです。人体を組み立てる数十兆もの細胞群は、 私達の意志の及ばぬところで生命活動を維持しています。 人知を超えた生命力を放つ細胞群と咲き乱れる花々を重ねました。
サイドに白い水張りテープを巻いています。裏面に壁掛け用の金具と紐が取り付けてあります。

アーティストになった理由

疫病、地球温暖化、孤独のように、日々の生活の中で私たちは肉体的精神的に様々な困難に直面します。その中で、私たちが持つ命について考え表現できる手段はアートだと考えからです。

メッセージ

ご高覧いただきましてありがとうございます。生きる力や命の繋がりを再認識していただけるような生命力に溢れた作品作りを目指しています。どうぞよろしくお願いいたします。