恒星装置ベガの反乱(壱)

For foreign customer who is interested of buying art.
Please click the button above for further information.

所属

なし

SNS

経歴

1964 東京生まれ

1983 太平洋美術学校にて絵画を学ぶ

1987 住宅建材プロダクトデザイン会社に入社。住宅外装材パターンレリーフの原型制作に従事し、その傍らで絵本作家となる。

1994「ピパピパピパ」至光社

1995「てんてんてんゆきあかり」至光社

第43回産経児童出版文化賞受賞

1997「パパがおしごとはやいひはママがおしごとはやいひは」岩崎書店

2002「はじめてのかさ」至光社

2004「チャリコロ」佼成出版社

2005「かっこわるいよ!だいふくくん」PHP研究所

2007「たったさんびきだけのいけ」PHP研究所

2007「ハリモグラハーモイとおともだち」PHP研究所

2008「わんわんバスにのって」PHP研究所

2009「いけいけどんどん!ウミガメたちのものがたり」PHP研究所

2013「すなばのスナドン」文溪堂

2016「にげた!」PHP研究所

2018「ちいさなうえきばち」至光社

などを出版、今日に至る。

 

作品の注目ポイント

新たに建設されたその宇宙植民地の空には設備の全てを管理する恒星装置ベガが光り輝いていました。何よりも合理化を優先し動植物にとって最高の環境を造り上げたAIが最後に判断し排除したものは、他ならぬ入植者たちでした。

※作品は鉄・自然石・炭等を細かく砕き、それらをアクリル樹脂で固めたものです。中心のベガには金属箔を施し、ライティングにより実際に光り輝きます。ベースは集成木材を使用し裏面には壁掛けのための金具が取り付けてあります。

アーティストになった理由

長年、プロダクトデザイナーとして住宅外装材生産金型向けの細密レリーフを制作、生業としてきましたがこの度、その経験と絵本のようなストーリー性とで新たにレリーフアートとして世に出すことにしました。

 

メッセージ