pai classic in BALI 04 神鳥

展示中

所属

photograph atelier izumi(pai)

 

SNS

atelierizumi.net

経歴

2001年 デザイナーM師と出会いカメラを手にする。以来、独学にて写真に取り組む。

2008年 目標にしていたコンテストに破れ、写真を断念。

2014年 地方へ移住し再び写真を撮り始める。

現在はphotograph atelier izumiを結成。写真による様々な作品を制作している。

作品の注目ポイント

インド神話に登場する神鳥、ガルーダ。ヴィシュヌ神を背中に乗せた天の象徴でもあり巨大な鷲の姿をしている。バリでは至る所にこの鳥の像が置いてあり、熱い信仰を感じた。

20年近く前になりますが、写真を始めて初期の頃の作品をpai classicシリーズとして制作しています。今回掲載しているのはその中でも2004年にバリ島を訪れた際に撮影したpai classic in BALIです。趣のあるアナログの古い一眼レフカメラで撮影した当時のバリは、花も木も風もみずみずしい不思議な生命力に満たされていました。時代は変わり、現在の危機の状況の中にあっても忘れたくないものがそこにはあった。そういうものを写そうとしていたような気がしています。

※この作品は、参考商品として掲載しています。裏打ちシートを貼る際に2ヶ所程気泡が入ってしまいました。小さな気泡なので、ご興味のある方はご相談下さい。

 

私達にできることとして、売上の一部をユニセフ募金へ募金させていただきます。

 

アーティストになった理由

感覚と感性を生かすため。

メッセージ

今後、違うシリーズの作品も展開していきます。