たびねこ|夏の川を渡る

在庫切れ

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

フリー

SNS

経歴

●香川県生まれ、日本デザイナー学院卒。 おもちゃのデザイナー会社に勤務。幼児玩具ムックなどをデザインする。その後パッケージデザインの会社に勤務、化粧品の容器デザインやシェーバーのデザインに従事。 1994年東京でフリーデザイナーとして独立。1997年長岡市へ移転。 デザイナーの傍らロボットの3Dイラストなどを描くようになる。 ディジタルイメージ会員になる。 その後、猫を飼うようになって猫のイラストを描きはじめる。 2011年参加していたイラストレーターグループE-SPACEのグループ展で「たびねこ』のカレンダーイラストを発表。 2014年よりシルクスクリーン版画の制作を開始、現在に至る。 たびねこ森俊憲Blog ☆森俊憲 Behanceページ ☆森俊憲Facebookページ ☆ 森俊憲Tumblrページ ☆森俊憲Pinterestページ

作品の注目ポイント

☆雪国のイラストレーター『森 俊憲』が描く「たびねこ」のイラストを入れたイラストフレーム(額縁)です。 ☆四季の里山の風景の中を旅する黒猫と三毛猫のカップルを描いています。 ☆イラストの右下に作者の鉛筆サインを入れました。 ☆手頃なサイズで、猫好きのお友達の結婚祝いや新築祝いに◎です。 —————————————————————– ◎イラスト紹介 緑が濃い、夏の里山の小川を渡る黒猫と三毛猫のイラストです。左上には、ねむの木の花が咲いています。手前の白い花はタケニグサという、よく見かける雑草です。 —————————————————————– ◎商品仕様 ●フレーム(額):新潟産の山桜の木目を生かした丸みのあるかまぼこ型 (地元長岡の額縁メーカー『アートナカムラ』製) サイズ横38㎝×高さ29㎝×厚み2㎝。 ●前面パネル:透明アクリル板(万一落下しても安心です) ●用紙:ALDEBARAN(アルデバラン)という高級版画用紙(日本製)。 イラストプリント部分のサイズ 横31㎝×高さ20㎝ ●プリント:耐候性に優れる顔料系のインクを使ったインクジェットプリント。 ●フレーム裏面:ピンを回して板を押さえるタイプで、絵の入れ替えができます。 金具とヒモは額に取り付けてありますのですぐに掛けられます。 ●パッケージ:額は白い厚紙の箱に入っています。 たびねこイラスト入りの紙の帯で巻いてあります。

アーティストになった理由

メッセージ