Journey to Memories

For foreign customer who is interested of buying art.
Please click the button above for further information.

所属

フリーランス

経歴

1965年 埼玉県羽生市に木工職人の子として生まれる
1989年 早稲田大学卒業。大手旅行会社に15年間勤務。その後、ベンチャー3社(広告・IT・医療関連)で様々な経験を積む

2012年 創作を開始
2014年6月 外務省・文化庁・ハンガリー大使館後援 「インターナショナル・オルガン・フェスティバル大阪公演」にてフランツ・リスト音楽院 パールウール・ヤーノシュ教授とライブペインティングで共演〈大阪 いずみホール〉
2015年 アーティストに転身、カフェを中心に店舗での展示をスタート(表参道、松濤、田園調布、神田神保町、清澄白河、門前仲町、祖師谷大蔵、原宿)

【個展】
2017、18年 中和ギャラリー  ヒロ・ヤタベ展〈銀座〉
2019、20年 アートモール  ヒロ・ヤタベ展〈日本橋〉※21年2月も予定

 

【グループ展】

2020年2月 GALLERY 2511 常設展Vol.1 〈西神田〉

2020年7月 ギャラリーSIACCA コレクション展〈銀座〉

【現代アートコレクターによる購入作品展】
2018年 「ワンピース倶楽部展」〈アーツ千代田3331〉 にて 1作品展示
2019年 同 5作品展示 / オークションのための作品を公開制作 

2020年 同 3作品展示

 

【公募展】
2013~15年 平泉展〈六本木 国立新美術館〉/ 平泉会選抜展〈上野 東京都美術館〉 

【収蔵】
AURA ARCHITECTS (株)〈銀座/札幌〉
デンタルサポート(株)丸の内オフィス〈新丸の内ビルディング内〉
ホテル飯田屋〈長野県松本市〉
ふじ幼稚園*寄贈〈大阪府門真市〉
その他企業・個人
 
 
 

 

作品の注目ポイント

アーティストになった理由

2012年 健康のため、週末の早朝から深夜にかけてウォーキング・サイクリングを開始。そのなかで様々なイメージが浮かぶのでそれをメモ用紙に記録。当時構想していた小説が行き詰っており、先ほどのイメージをメモでなく5×5㎝のポストイットに描き、繋がりを考えて並べ、それを最後に言語化することでの創作を思い立つ。結果半年間で約500枚となるが夥しい組み合わせとなり並べることを断念。

知人にこれを見せたところ、もっと大きく描いて、絵画として発表したらどうかとの助言をもらい、A4の紙に水性ペンやパステルで描くことを始める。

それから半年後の異業種交流会に参加の際、偶然公募団体の理事の方の隣席になる。たまたま鞄に描いたものがあったのでそれを見ていただき、それがきっかけで公募展に誘われ、出品をすることになる。

また同時期にFacebookを始めており、そこで日々作品を投稿、徐々に反響をいただくようになった。

2014年には、これも偶然の出会いが縁で、外務省・文化庁・ハンガリー大使館後援のイベントに演者としての指名があり、世界最高峰のオルガニスト(フランツ・リスト音楽院教授)と観客800名の前でライブペインティングで共演することになった。

自分の描いたものが他の人に評価を受けるとは、まったく思いもしなかったことであったが、サラリーマンの時には得られなかった充実感、満足感を感じるようになった。

少しづつ作品購入者、応援者が現れ、2015年にアーティスト専業を決意、現在に至る。

 

 

 

メッセージ

【モットー】
あなたの想像力が完成させるアート
The art your imagination completes

作品のタイトルは創作のはじめにあったものではなく、描き終えた時点で観る側となった私が名付けた「仮のタイトル」です。参考にするのも、答え合わせのように楽しむのも、あるいはまったく無視するのも自由です。抽象表現の色や形に意味を見出す手がかりは、あなたの記憶や経験のなかにしかありません。最終的な作品は観るかたの中で完成すべきものだと考えています。思い思いに想像の翼を羽ばたかせ、作品に新しい解釈を加えていただくことを望みます。