宇宙の目

sold

購入レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

フリー

経歴

2014年 独学でアクセサリーの制作を始める

2016年 時計部品とガラスを使ったアクセサリーを作り始める

2019年 アラブ首長国連邦の首都アブダビで開催された美術展に出品

2020年 京都とリトアニアで開催された「国際平和美術展」に出品。

2021年 東京(東京芸術劇場)、ニューヨーク(カーネギー・ホール)で開催の「国際平和美術展」に出品。

フランスのユネスコ世界文化遺産遺産でもあるクロ・リュセ城で開催された「ダ・ヴィンチとの邂逅」に出品。

2021年3月、宮城県美術館にて開催された「東日本大震災復興支援企画 第9回アート・アズ・アート〜芸術の祭典 in 仙台〜」に出品。

 

作品の注目ポイント

レジンと砕いたガラスで土台となる宇宙を描き、その上に時計部品を用いて「宇宙の目」を作りました。

ガラスはメインの黒の他に、濃淡の違う青色、緑色を何色も組み合わせています。

目の部分の時計部品は、1つずつ部品を組み合わせ、パーツや歯車の噛み合う部分にもかなりこだわり、本物の時計に負けない緻密さ、今にも動き出しそうな世界をつくりあげています。

目の下の部分にはチェーン、その先に小さなスワロフスキーを下げました。

この部分は見る人によって、印象が変わるかもしれません。

流れ星に見えますか?

涙に見えますか?

いつかこの作品を見たみんなが、明るく受け取ってもらえるような世界になったらいいな、という希望も込めました。

アーティストになった理由

もともとはアクセサリーを趣味で作っていました。

様々な理由で一般的な社会で生きにくいと感じていたので、これを仕事に出来たら。そう考えてアクセサリー作家として活動を始めました。

活動していく中で使う素材やデザインを変えていき、自分の思いつくことや着目点が、ちょっと人とずれていることに気がついていきました。

それを強みにし、世界でも見た事ないようなアート作品を生み出していきたい、それが私が生きる道だと確信し、アーティストとして生きていくことを決めました。

メッセージ

世界でも同じ素材で、同じような作品を作っている人は、ほぼ居ないと思っています。

ulyssesにしか作れない、美しく緻密な作品をお楽しみください。