擬態

在庫切れ

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

レタッチ会社勤務 Twitter:*8021Tomo Gmail:tomo.dachi.303*gmail.com (*は@に変換してください。)

経歴

1993年12月 習志野市内の病院にて目覚める。 2012年3月 高校在学中に恩師M氏より絵画の手解きを受ける。横浜学園高等学校卒業。 2014年7月 グループ展「交差展」開催。 企画展「交錯する美術」出品。 10月 個展「鰻処」開催。 2015年1月 三人展「土地展」開催。 3月 三人展「自由落下」開催。 10月 個展「ウナギの村」開催。   2016年3月横浜美術大学美術学部美術学科絵画コース卒業。 平成27年度横浜美術大学卒業制作展 選抜展出品。

作品の注目ポイント

「隠された本質」

アーティストになった理由

小さい頃から絵を描いたり、物を作ったりすることが大好きでした。

私の産み出したモノに誰かが反応を返してくれる。

この行為に大きな喜びを感じたことがきっかけでした。

メッセージ

私の作品の中にちょくちょく登場する、魚の様な生き物「ウナギ」は、幼少期の私が描き起こした落書きであり、友人であり、家族であり、そして私自身でもあります。 『彼』を通して観る世界はどの様に写っているのか、皆さんの視点で感じ取って頂ければ幸いです。