神馬さまオーダー分(ご売約済み):オーダーメイド作品制作専用ページ

sold

購入レビュー

所属

無所属

経歴

2020年1月~絵のSNS、ギャラリー様主催の企画展への出展開始。

絵は小学生の頃から約20年、描き続けています。

絵に抽象的な詩や小さな物語を書き足すこと(約20年)、一眼レフカメラで写真を撮ること(約10年)も好きです。

 

■企画展■

【2020年】

10月「にゃんこ日和〜秋&冬〜展」AAA Gallery様 

11月「クラゲ展」Boji Hair+gallery様

 

【2021年(予定)】

1月5日(火)〜10日(日)「ハガキサイズ展」銀座中央ギャラリー様

2月13日(土)〜20日(土)「SM展(サムホール展)」銀座中央ギャラリー様 

3月14日(日)〜3月26日(金)「ねこチュードク展2」Boji hair+gallery様

5月25日(火)~6月6日(日)「Flowers」Boji hair+gallery様

4月以降「猫展」、「青と藍の境界線2021」Gallery IYN様

 

■略歴■

日本大学 芸術学部 文芸学科卒業

平日はクリエイティブ関連の企業で経験を積みながら、諸事情あり夜間と休日には別の仕事をする生活を送ったあとに独立するも、婦人科系の持病が悪化し思うように働けなくなる。

作品の注目ポイント

アーティストになった理由

自分自身の口から出てくる言葉よりも、偶然と必然、そして経験から生まれる創作を信用しているからかもしれません。

メッセージ

ご覧いただき誠にありがとうございます。Kodanukibon(こだぬきぼん)と申します。

メディウムの装飾としての可能性を模索しつつ、自分で着色したプラ板や調理用シートを使用したコラージュ作品、抽象画、オリジナルキャラクターおよび動物作品を描いたり制作したりしています。

すべての作品に共通するテーマは、「優しいひとり」。

この「優しいひとり」という言葉には、過去の苦しい出来事(学生時代にいじめられたことが原因で不登校、引きこもりになる。大切な幼馴染との突然の悲しい別れ、会社での度重なる嫌がらせや八つ当たりなど)を通じて自分が感じたこと、祈りを込めています。