枠を超える

¥165,000 (税込)
カートに入れる

For foreign customer who is interested of buying art.
Please click the button above for further information.

所属

フリー

経歴

2014年 独学でアクセサリーの制作を始める

2016年 時計部品とガラスを使ったアクセサリーを作り始める

2019年 アラブ首長国連邦の首都アブダビで開催された美術展に出品

2020年 京都とリトアニアで開催された「国際平和美術展」に出品。

2021年 東京(東京芸術劇場)、ニューヨーク(カーネギー・ホール)で開催の「国際平和美術展」に出品。

フランスのユネスコ世界文化遺産遺産でもあるクロ・リュセ城で開催された「ダ・ヴィンチとの邂逅」に出品。

2021年3月、宮城県美術館にて開催された「東日本大震災復興支援企画 第9回アート・アズ・アート〜芸術の祭典 in 仙台〜」に出品。

 

作品の注目ポイント

青いガラスだけを使って描いたグラデーションの上に、広がるエネルギーを時計部品で表現しました。
時計部品は額縁の内側だけには収まらず、枠の上にまで広がっています。

このデザインには、生きていく中で「性別」「常識」「人からの評価」など、色々な枠の中で考え、選択し生きている。けれどそれらを超えて、自分に素直になって生きていいんじゃないか。自分へ宛てたメッセージも込めて作成しました。

ガラスは、通常の2倍使用し色が出るようにしました。その分、額の高さギリギリまでガラスがある状態になっています。

時計部品は1つの点から広がっていくイメージで、広がっていく中で密度が濃くなるようにデザインしました。使用している部品の数は、100を簡単に超えます。
1つずつの時計部品は手作業で組み合わせ、本物の時計に負けない緻密さは圧巻です。ギアや細かい部品が嚙み合うように、インスピレーションと共に作り上げた世界観は唯一無二です。

ガラスの色味の出方、時計部品の組み合わせ、すべてをとっても同じ作品は2つとない、世界にたった1つだけの作品です。

※元々付属していた背面の板など付属
※イーゼルに載せて飾っていただくことをおすすめ致します

アーティストになった理由

もともとはアクセサリーを趣味で作っていました。

様々な理由で一般的な社会で生きにくいと感じていたので、これを仕事に出来たら。そう考えてアクセサリー作家として活動を始めました。

活動していく中で使う素材やデザインを変えていき、自分の思いつくことや着目点が、ちょっと人とずれていることに気がついていきました。

それを強みにし、世界でも見た事ないようなアート作品を生み出していきたい、それが私が生きる道だと確信し、アーティストとして生きていくことを決めました。

メッセージ

世界でも同じ素材で、同じような作品を作っている人は、ほぼ居ないと思っています。

ulyssesにしか作れない、美しく緻密な作品をお楽しみください。