見えなくてもそこにある

¥88,000 (税込)
カートに入れる

For foreign customer who is interested of buying art.
Please click the button above for further information.

所属

フリー

経歴

2014年 独学でアクセサリーの制作を始める

2016年 時計部品とガラスを使ったアクセサリーを作り始める

2019年 アラブ首長国連邦の首都アブダビで開催された美術展に出品

2020年 京都とリトアニアで開催された「国際平和美術展」に出品。

2021年 東京(東京芸術劇場)、ニューヨーク(カーネギー・ホール)で開催の「国際平和美術展」に出品。

フランスのユネスコ世界文化遺産遺産でもあるクロ・リュセ城で開催された「ダ・ヴィンチとの邂逅」に出品。

2021年3月、宮城県美術館にて開催された「東日本大震災復興支援企画 第9回アート・アズ・アート〜芸術の祭典 in 仙台〜」に出品。

 

作品の注目ポイント

月は新月でも雲に隠れていたとしてそこにあって、地球にエネルギーを注いでいる。

「目に見えなくてもそこにある」のは、自分自身の心も同じ。

見なくても自分自身の想い、願い、本音はそこにある。見て見ぬふりをせず、自分の心と向き合い、その想いを大事にしてあげてください。

自分の本音、本当の想いは自分自身にしか分からないのです。

 

そんなメッセージも込めた作品です。

 

ムーブメントを月に見立て、1つずつ部品を手作業で組み合わせていきました。

底にある部品は、表からでは見えないものもあり、今回の作品の「見えないけどある」というコンセプトにもリンクしています。

裏面から見てもらうと、裏の部分も緻密に部品が組み合わされ、表から見えない部分にもこだわりを詰め込んでいます。

 

黒、青、緑のガラスを組み合わせ、月の浮かぶ宇宙を表現しました。

所々にガラスの厚みも持たせ、立体的な作品に仕上げました。

額を超えてガラスを広げ、作品は額に収める、という常識を自身の中で超えていく、という気持ちも表現しました。

 

同じ作品は二度と表れることのない、唯一無二の作品をお届けします。

アーティストになった理由

もともとはアクセサリーを趣味で作っていました。

様々な理由で一般的な社会で生きにくいと感じていたので、これを仕事に出来たら。そう考えてアクセサリー作家として活動を始めました。

活動していく中で使う素材やデザインを変えていき、自分の思いつくことや着目点が、ちょっと人とずれていることに気がついていきました。

それを強みにし、世界でも見た事ないようなアート作品を生み出していきたい、それが私が生きる道だと確信し、アーティストとして生きていくことを決めました。

メッセージ

世界でも同じ素材で、同じような作品を作っている人は、ほぼ居ないと思っています。

ulyssesにしか作れない、美しく緻密な作品をお楽しみください。