my partner

レビュー

  • Obara

    とってもハンサムな作品ですね。
    鷹と男性の信頼関係が絵から滲み出ていています。素敵です。

  • 匿名

    お互い何を考えているのか…向き合ってる感じが素敵ですね…

所属

名古屋芸術大学卒

経歴

名古屋芸術大学 美術学部 絵画科 日本画専攻卒
在学中に日本画で複数受賞

Harley-Davidson雑誌「VIBES」にて、ハーレーに乗った作家として特集されて以降、雑誌で多数取り上げられ、ロサンゼルスにて展覧会
L'Arc~en~Ciel、BUCK-TICKなどギターへの作画や寺の壁画やゲームのキャラクターデザインなど、ジャンル問わず幅広く手がける

*鷹匠として*

2001年
諏訪流放鷹術入門  岐阜大学野生動物救護施設にて野生の猛禽類の救護に関わる
鷹匠の歴史や鷹の生態などの講演、講習、新聞掲載、ラジオやTVに出演

7/19~7/25
銀座モダンアートにて 『うちわ&扇展』に参加。

作品の注目ポイント

相棒として、特にハヤブサの信頼した表情を描きたいと思いました絵を仕事にしながら、14年鷹と関わっています。1600年以上続くこの国の鷹匠の歴史によって先人たちの思いに触れたことで、過去から現在、未来への橋渡しをしたいと思うようになりました。これまでの鷹との生活で、私はそれまで見えていなかった世界が見えるようになりました。人の目線とは違う、鷹の目を彼らに貰ったと思っています。彼らが私にくれた鷹の目で見た世界や、猛禽類を中心とした生き物たちの素晴らしさも、私のテーマです。

アーティストになった理由

子供の頃から絵を描くことが好きで、描き続けることに疑問を抱くことがありませんでした。描くこと自体は好きだけど、何を描くべきかで悩んだ時期もありますが、鷹と出会ったことで生涯のモチーフを得たと思っています。

メッセージ

リアルな鷹を知る人間として、命ある姿を描きたいです。その羽の一枚一枚や表情、しぐさに出る彼らの感情、本来の美しさ、弱さも含め、描きたいと思っています。絵を仕事にしながら、14年鷹と関わっています。1600年以上続くこの国の鷹匠の歴史によって先人たちの思いに触れたことで、過去から現在、未来への橋渡しをしたいと思うようになりました。これまでの鷹との生活で、私はそれまで見えていなかった世界が見えるようになりました。人の目線とは違う、鷹の目を彼らに貰ったと思っています。彼らが私にくれた鷹の目で見た世界や、猛禽類を中心とした生き物たちの素晴らしさも、私のテーマです。