NOWHERE/NOW HERE AF-2

¥25,000 (税込)
カートに入れる

For foreign customer who is interested of buying art.
Please click the button above for further information.

所属

フリーランス

経歴

Hiro Yatabe, a Tokyo-based abstract artist

English follows Japanese

 

1965年 埼玉県羽生市生まれ

1989年 早稲田大学卒業

大手旅行会社に15年勤務、その後広告・IT・医療関係ベンチャーで様々な経験を積む

2012年 創作活動を開始

2013,14,15年 平泉展〈国立新美術館〉・平泉会選抜展〈東京都美術館〉 に出品

2014年6月 インターナショナル・オルガン・フェスティバル・イン・ジャパン大阪公演 (後援 外務省・文化庁・ハンガリー大使館)にてフランツ・リスト音楽院教授パールウール・ヤーノシュ氏のパイプオルガン演奏とライブペインティングで共演〈いずみホール〉観衆800名

http://iofj.net/event2014_osaka.shtml

 

2015年 カフェを中心に個展をスタート(表参道、松濤、田園調布、清澄白河、門前仲町、祖師ヶ谷大蔵、原宿)

神田神保町 神田珈琲グループ店舗(神田珈琲・きっさこ)では計12回の作品展を開催 

 

【個展(ギャラリー企画展)】
2017,18年 中和ギャラリー〈銀座〉

http://www.chu-wa.com/hiro-yatabe.html
2019,20,21年 アートモール〈日本橋〉

※22年も2月15日(火)〜20日(日)に開催決定

 

【グループ展】

2020年2月 GALLERY 2511 常設展〈西神田〉

2020年7月 ギャラリーSIACCA コレクション展〈銀座〉

2021年5月 銀座中央ギャラリー ATCサイズ展〈銀座〉

【現代アートコレクターによる購入作品展】
2018 ,19,20年 ワンピース倶楽部展〈アーツ千代田3331〉 にて 計9作品展示
2019年は展示の他、オークションのために2作品を公開制作 

http://onepiececlub.sakura.ne.jp/

 

【収蔵】

AURA ARCHITECTS株式会社〈銀座/札幌〉
デンタルサポート株式会社 丸の内オフィス〈新丸ビル内〉
ホテル飯田屋〈松本市〉
ふじ幼稚園*寄贈〈門真市〉
その他企業・個人
 

【その他】

2021年8月 フジテレビバラエティ番組「新しいカギ」内のコーナーにて作品貸し出し

  

作品の注目ポイント

The art your imagination completes あなたの想像力が完成させるアート

 

アーティストになった理由

2008年 浮かんだイメージを付箋にボールペンでスケッチ。2012年になりそれをまとめたものを知人に見せたところサイズや画材をかえて絵画として発表することを勧められ、2013年、公募展にA4サイズのカードボードはにペン・パステルで描いた作品を出品。その後アクリル絵具での創作をスタート。

またそれと前後してSNSで日々作品を投稿、徐々に反響をいただくようになった。

2014年には偶然の出会いが縁で、外務省・文化庁・ハンガリー大使館後援のイベントに演者としての指名があり、世界最高峰のオルガニスト(フランツ・リスト音楽院教授)のパイプオルガン演奏とライブペインティングで共演することになった。(観衆800人)

自分の描いたものが知らない方に喜んでいただけるとはまったく思いもしなかったことであったが、サラリーマン時代には得られなかった充実感、満足感を感じるようになった。

カフェ等での自主個展を開催することで、少しずつ応援・作品をご購入いただく方が現れ、2015年50歳でアーティスト活動に専念することを決意、現在に至ります。

 

 

 

メッセージ

【モットー】
The art your imagination completes

あなたの想像力が完成させるアート

シリーズ作品を除き、タイトルは創作のはじめにあったものではなく、描き終えた時点で観る側となった私が名付けた「仮のタイトル」です。参考にするのも、答え合わせのように楽しむのも、あるいはまったく無視するのも自由です。抽象表現の色や形に意味を見出す手がかりは、あなたの記憶や経験のなかにしかありません。最終的な作品は観るかたの中で完成すべきものだと考えています。思い思いに想像の翼を羽ばたかせ、作品に新しい解釈を加えていただくことを望みます。

 Hiro Yatabe, a Tokyo-based artist whose motto is “Lifestyle Art”, has been expanding the permanent exhibition titled “Hiro Yatabe Art Corner” showcasing his small works at different locations in various parts of Tokyo. 

Hiro Yatabe was born to a woodworking craftsman in Hanyu City, Saitama Prefecture (north of Tokyo area) in 1965. After graduating from Waseda University (Geography), he worked at a major travel agency for 15 years, achieving in-house top-class results in two sales fields. He thereafter gained various experiences at three (advertising, IT and medical-related) venture companies.

In 2012, Hiro Yatabe started his career as an artist. In 2014, he performed live painting with a professor at Franz Liszt Academy of Music in “International Organ Festival in Osaka” sponsored by the Ministry of Foreign Affairs and the Agency for Cultural Affairs.

Hiro Yatabe’s Solo Exhibition

2017, 2018: Chuwa Gallery, Ginza

2019, 2020, 2021: Art Mall, Nihonbashi

Currently, with the motto of “Lifestyle Art”, the permanent exhibition titled “Hiro Yatabe Art Corner” showcasing his small works is being expanded at different locations in various parts of Tokyo (Nihonbashi, Kuramae, Morishita, Kiyosumi-Shirakawa, Monzen-Nakacho, Harajuku, Ebisu, and Soshigaya-Okura). 

The art your imagination completes

The title given to each work does not exist at the beginning of its creation. It is merely a “tentative title” that I come up with from a viewer’s point of view when I finished painting. You are free to use it as a reference, have fun like checking your answer, or ignore it completely. The only clue to finding meaning in colors and shapes of abstract expression is in your memory and experience. I believe that the final work should be completed in the viewer’s mind.
I hope that you will let your imagination fly to add a new interpretation to the work.