TONZURA of The Devil King of the Sixth Heaven (第六天の魔王のトンズラ(天子魔のトンズラ))

¥41,800 (税込)
お買い物カゴに追加

For customers who are interested in purchasing art from outside Japan.
Please click the button above for further information.

作品の再販やオーダーメイドについて
作家へのお問い合わせはこちら

作品について問い合わせる

所属

フリー

SNS

経歴

*2004

渋谷道玄坂のエスニックファッション&雑貨店のシャッターアート

 

*2006

吉祥寺のレコード屋さんのコーナー看板デザイン

 

*2014

絵画教室にて油絵を習う(約4年)

 

*2021-2022

創価大学通信教育部 西洋美術史 修了

(1年間コース)

 

 

 

*絵画展開催経験*

2015    庄司絵画教室展(回顧展)

2020   個展

 

 

 

 

 

作品の注目ポイント

この作品、前作である「天子魔の出現」の連作です。

「天子魔(別目:大六天の魔王)」が、女性の心から退散した場面を表現しています。

「大六天の魔王」とは、法華経に説かれており、様々な働きがありますが、その一つに〝美しい心の自分を潰そうとする、もう一つの自分の心“として現れる現象です。

生きていると、あらゆるシチュエーションで、試される時があります。

私自信、自分の良心を奪おうとする、もう一つの自分が出てくる時もあるので、心の中で魔がトンズラして遠くに消えていくことを潜在的に望んでいたから、この絵が心の中にフッと浮かんだのだろうと思っています。

また、不気味な雰囲気だった前作「天子魔の出現」がハッピーな方向に向かうようにとの望みから浮かんだのだ思います。

 

This work is a continuation of the previous work, “Appearance of the hindrance of the devil king”(another name:  Devil King of the Sixth Heaven)” expresses a scene where a woman has seriously retreated. 

The ” Devil King of the Sixth Heaven” is described in the Lotus Sutra, and has various functions, one of which is a phenomenon that appears as ”another self that destroys the beautiful heart of oneself.” 

In life, there are times when you will be tested by all kinds of problems.

For me, there are times when another version of myself comes out trying to take away my conscience, so I was subconsciously thinking that the devil would twist around in my heart and disappear into the distance, so this picture touched my heart. I wonder if it just popped into my head. 

Also I think the previous work, “The hindrance of the devil king,” which had an eerie atmosphere, came about because of the desire for Happy to move in the same direction.

アーティストになった理由

 
 
 

メッセージ

観てくれてありがとうございます。

とても嬉しいです。

 

頻繁にはアップしていませんが、これからも作品を出す予定なので、よろしければまた観に来てくださいね。

 

よくあるご質問

Q.作品の購入方法、手順を教えてください
A. 購入方法・手順に関する説明ページをご確認ください。

Q.送料はかかりますか?
A.配送エリアにより送料が異なります。詳細は以下のページをご確認ください。
配送方法|送料・代引手数料について

Q.購入を検討している商品の仮押さえ・取り置きは可能ですか?
A.商品の仮押さえ・取り置きも可能です。作家と相談の上、ご対応致します。
ご検討中の作品がございましたら、各商品ページにございます「作品について問い合わせる」ボタン、もしくはお問い合わせページよりお問合せください。