白い冬

在庫切れ

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

なし

SNS

経歴

撮影活動1974年1月~

デジタル写真撮影2002年1月~

作品の注目ポイント

白い冬 口径・外14.2cm 口径・内13.4cm 高さ6.5cm 重さ460g 酸化焼成 1230℃  黒泥土 電動ろくろによる水曳き 「一人で想う秋はもう深く 過ぎ去れば空しく消えた日々 あなたに逢えた秋はもう遠く 迎えつつあるは悲しい白い冬・・・」 お友達付き合いをさせていただいている「ふきのとう」のデビュー曲「白い冬」の作詞者・工藤 忠幸さんにインスパイアされ そのままタイトルを付けた作品です^^ 工藤 忠幸さんは、北海道出身のアーティストで 「ふきのとう」のデビュー曲「白い冬」の作詞者として広く知られており ご自身でも今現在アーティストを続けており、日本全国を休みなくツアーされています。 交友関係も幅広く「ふきのとう」のお二人はもちろん、「佐々木幸雄」さん、「鈴木一平」さんなどなど 北海道を代表するアーティストの方々が名を連ねます。 ススキノでは「 Boston Club&工藤忠幸(kudochew)」という ご自身も出演するライブハウスを運営されています。

アーティストになった理由

必然

メッセージ

風景を中心に、野鳥、野生動物、人物、静物など様々なものを撮影しています。 撮影で得た色彩やフォルムを陶器にも反映させるべく 土の採取や釉薬の調合もしつつ、陶芸もしています。 カタログ用の商品サンプルや、パーティー、各種イベント、ポートレートなど幅広く撮影を賜っています。