もしもし意識

レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

東京藝術大学 日本画在籍

経歴

1990年
東京都町田市に生まれる。幼少期をアメリカ、カナダで過ごし帰国後転々とした後、山梨で育つ。

2012年
東京藝術大学 入学

2013年
グループ展「新深海展」(渋谷LE DECO)
「シカク展」(銀座ギャラリーこんぱる)

2014年
グループ展「七人展」(銀座ギャラリーこんぱる)
「見参2014」(タワーホール船堀)

2015年
グループ展「羊がいっぱい展」(伊藤忠青山アートスクエア)
二人展 「ぼくがみたそれときみがみたそれはきっと同じだけど絶対に違う展」(芸大学生会館)
グループ展「猫・ネコ・NEKOアート展」(伊勢丹新宿)
グループ展「たまらなくかわいい展」(伊勢丹新宿)
グループ展「にゃんこ玉」(八犬堂ギャラリー) グループ展「shiori展-2015-」(ギャラリーしあん)

作品の注目ポイント

意識に語りかけるようなカメレオンを岩絵の具ならではの柔らかな色で描きました。額の白が岩絵の具の色を優しく引き立てます。額の表はガラスなので埃がつきにくくなっております。

アーティストになった理由

幼い頃より、絵をかいたり何かをつくることが大好きでした。また、生き物への興味が非常に強く、よくモチーフにしたものでした。見えたものの表面だけでなく、実際に動物の毛を掻き分け、皮膚に触れて骨格を想像しながら描いたこともありました。自然のものというのには無駄がなくどこまでも美しく創りこまれていることに感動を覚え、自らの手で自己のフィルターを通して感じた生命の美しさ、強さ、かわいらしさを表現しようと思いながら制作をしています。

メッセージ

大学では日本画を専攻しながら、個人で立体作品や標本もつくっています。やわらかな淡い色が好きで、納得のいくまで色の配置を考えています。また、色使いだけでなく曲線の美しさやモチーフのもつ性格や感情まで感じていただければ幸いです。自分の知らない世界というのはまだまだたくさんあります。様々なジャンルの様々な現役アーティストの作品から刺激を受けていつも新しい発見をしながらこれからも自分の世界を広げてゆきたいと思います。