養老山脈

展示中

購入レビュー

レビューがまだ投稿されていません。

所属

2009年 名古屋造形大学 美術学科日本画コース 卒業 ハートフィールドギャラリー(名古屋)での個展を主に、東海、甲信越、paris等で、個展・グループ展等多数開催。

SNS

Twitter@yukaratea

 instaglam@yukaratea_pero

経歴

《個展》 2010年 「たまねぎのかかる家」 2011年 「ずっと、小学生のまま」 2012年 「想いが時間を裏切るなんて」 2015年 「はじめに、幸福ありき」 (ハートフィールドギャラリー/名古屋) 2011年 「ロマンティック・ストローク」(カフェギャラリーベルヴィル/長野) 2012年 「euphoria」 (cafe+gallery Blanka/名古屋) 2015年 「山の七万層の下」 (月の庭/名古屋)   《グループ展》 2008年 現代美術国際交流展TRANSIT2008 (香港浸会大学 視覺藝術院AVAギャラリー/香港・ 名古屋市民ギャラリー矢田/名古屋) 2009 - 2011年 「retrospective」 (つくる。/愛知) 2013年 「ZAKKA展」 (esposeJapon/paris)

作品の注目ポイント

・木材に絵を描いたもの(積み木のようなもの) ・山の絵 を制作、壁に貼付けたインスタレーション作品です。 自分にとってパーソナルな風景と、幼少時の記憶を想起させる愛しいモチーフ=積み木を用いました。

アーティストになった理由

人の心には 七万層の深さがあると言われている 腐葉土のように 美しくはないかもしれないけど 七万層の奥深く ぺろん と めくったら何がみえるだろう

メッセージ

発端は 「私が大切に思っているものは 私が絵にして遺さないと、守らないと なくなってしまうかも…」 という、ネガティブな地点からスタートしています。 作家活動を初めて6年経った今は 「日々の幸福を維持する 維持出来る事に感謝の気持ちを持つ」 事が、原動力になっています。 『普通』の生活に、そっと寄り添うような作品を敢えて心がけています。 よろしくお願い致します。